日本が「テロの標的」になる日が迫っている ブリュッセル連続テロから学ぶべきこと

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小

「防御」については説明するまでもないように思われるかもしれないが、ブリュッセルの事件では、前述したように事前に情報をつかんでいても十分な対応ができていなかった恐れがある。事件発生後に多数の警官が投入されているのを見ると、当然だと思うのと同時に、後手にまわっているという印象もある。ともかく、「防御」の面でさらに改善する余地はあるはずだ。

「自覚」は、人を殺傷することがいかに罪深いかの「自覚」であり、いわゆる「聖戦」という名目で無辜の人を殺傷することの罪深さの「自覚」だ。多くの人にとって人を殺傷してはならないことは当たり前であっても、そう考えない人が出てきているのが現実である。

人が「自覚」するには何が必要か。特効薬のような便利なものはなさそうだが、イスラムの世界において若者が誤った極端な思想に走らないよう導いていくことが必要だ。イスラムの教えを正しく伝える努力はすでに多くの人々によって行われているが、さらに強化されることを期待したい。イスラム教徒の中の誤った考えを正すのは、イスラム教の指導者が行うほうが効果的だ。

テロ攻撃を受ける側に必要な「自覚」

一方、テロ攻撃を受ける側でも「自覚」を持たなければならない。とくに、貧困と差別が犯罪の温床を作り出していることについての「自覚」だ。

ヨーロッパにはブリュッセル級の都市が他にもいくつかある。多数の人を殺傷する無差別テロはこれらの都市で起こりうることについても「自覚」が必要だ。

多くの異民族が往来し、交わるのはヨーロッパの伝統であり、特徴だ。日本はこれに比べ、異民族が交わる程度ははるかに低いが、だからと言って安心することはできない。人が集まるところは多数あるし、若者が不満を持つことはヨーロッパ諸国と大して変わらない。

今年は主要国の伊勢志摩サミットが開催される。2020年にはオリンピックが開催される。テロの標的には事欠かないと見るべきだ。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT