東大推薦入試の「合格実績」は誰の手柄なのか

AO義塾・報道の矛盾の真相があきらかに

彼には、塾に頼らずにつかんだ合格を誇りに、大学生活を迎えてもらいたい。

推薦・AO入試にも合格実績のガイドラインを設けるべき

東大の推薦入試は2020年度以降の大学入試改革の試金石という意味合いが強い。そこで一部の塾があたかも「攻略」してしまったかのような誤情報が流布すれば、「やっぱり推薦入試やAO入試はダメな選考方法」という言説につながり、大学入試改革に対する健全な議論を阻害しかねない。

また、大学入試改革では大学入試がAO入試に類似した形になる方向性が示されている。今後、推薦入試やAO入試がさらに脚光を浴びれば、そこに参入する塾も増えるはずだ。しかし各塾がこぞって勝手な合格実績を掲げたら、受験生やその保護者は何を信じていいのかわからなくなる。

「言ったもの勝ちで、限りなく嘘のような合格実績を掲げた塾に優秀な生徒が集まるようになると、いつの間にか、嘘があたかも本当のように見えてしまうようになるのが恐ろしい」と江口氏は嘆く。

教育政策アドバイザーであり、お茶の水ゼミナールなどでAO入試対策講座を担当する藤岡慎二氏は、「業界として、AO入試についても早急に合格実績表示のガイドラインを策定すべき」と訴える。

塾業界には真摯な対応を求めたいし、受験生およびその保護者においては合格実績の数字だけに飛びつかない冷静さを促したい。そして何より、内実のわからない合格実績を垂れ流すことのないように、マスコミは注意してほしい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT