動き出した新生ナルミヤ、堕ちた“子供服王者”の再興なるか


 百貨店テコ入れ策の第2弾が、冒頭の価格訴求型ブランド「リンジィ」だ。まさに、百貨店ブランドは高いというイメージの払拭を図る、戦略ブランドである。しかも従来の同社から見れば、破格なのは価格だけでない。モノづくりやそのスピードに大きな変化が表れつつある。

社内デザイナーを抱え、じっくりと作り込むことを重視してきたナルミヤでは、モノづくりに関してこれまで純潔主義を貫いてきた。その一方で、顧客ニーズより“作りたいものを作る”風土がいつしか醸成され、それが高コスト体質やスピード感欠如の一因になっていた。そこで外部デザイナーにも協力を依頼。トレンドを追ってスピードを一気に加速。個店単位で「わずか2週間のうちに新アイテムを追加投入することも可能になった」(保坂部長)。「リンジィ」も今秋一気に15店出店する。

店舗運営面でもメスを入れる。従来は、百貨店ではブランドごとに運営管理を行ってきたため、同じフロアに複数ブランドが集積していても、販売員は少なくとも「ブランド数×店舗数」の分だけ必要だった。だが、複数のブランドを一つのセレクトショップのように“大部屋”化、一人で複数ブランドを担当することで一気に販売効率が上がる。

不採算ブランドや店舗撤退(08年1月期983店→現在856店)も同時に進めているため、必要人員が大幅に縮小。07年1月期に2200人を超えていた人員数は、この11月に一気に1300人程度まで減る。一連の構造改革により、損益分岐点は売上高200億円を大幅に下回る水準まで低下する見通しだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT