【産業天気図・工作機械】受注低迷止まらず。一部メーカーは来期続落懸念が濃厚に


 むしろ、今後予想される世界各国の景気対策の息切れ懸念や自動車取得支援策による需要先食いの反動減などを考慮すると、仮に今期は07年度までの活況時に溜まった受注残消化により大幅減収減益ないし小幅赤字で乗り切れたとしても、来期のスタート時は今期以上に心もとない状況に陥っている恐れが高まりつつある。「中国が好況と言っても、その個人消費は世界のGDPの数%。約3割を占める米国の消費が元気を取り戻すまで、景気回復は非常に緩やかなものにならざるを得ない。

世界の設備投資の回復は10年度後半からでは」(エコノミスト)といった見方が広がっている点なども踏まえ、最新の「会社四季報」秋号では森精機製作所<6141>やオークマ<6103>、東芝機械<6104>など一部の大手、中堅機械メーカーについて今10年3月期期あるいは来期の収益予想を引き下げた。
 
 旧式機械の入れ替えなど必要最低限の更新投資は、自ずと規模に限界がある。その反面、これまでのリストラ努力で各メーカーの損益分岐点は下がっており、受注さえ好転すれば以前よりも利益の出やすい体質に改善しているのも確か。ユーザーはいつ生産規模拡大に踏み切るのか−−。そのタイミングを、業界は好況時に積み上げた蓄えを切り崩しながら、固唾をのんで見守っている。

(内田 史信)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT