【産業天気図・精密】09年度後半以降も曇天模様。最悪期は脱するが、回復度には不透明感あり

予想天気
  09年10月~10年3月    10年4月~9月

 精密業界の空模様は09年度後半が「曇り」。市場環境は回復基調だが、晴れ間がのぞくのがいつ頃になるかはやや不透明さを残している。

世界同時不況という大津波が襲来してからはや1年が経とうという中、事務機業界とカメラ業界では明暗が別れつつある。
 
 予想以上に厳しい状態が続いているのは事務機業界。日米欧各市場は企業の投資抑制やカラー印刷の禁止で、本体、消耗品(保守サービス)とも大幅な減少に見舞われている。リコー<7752>が4~6月期(第1四半期)終了時点で10年3月通期の業績の下方修正を余儀なくされたほか、キヤノン<7751>、コニカミノルタホールディングス<4902>などその他各社も計画を未達気味だ。「期初の計画では10月以降景気環境がぐっと上がってくると見ていたが、足元の動向を勘案すると、本格的な回復は来年4月以降になりそうだ」(リコー・山中行彦IR部部長)。
 
 一方のデジタルカメラは第1四半期を終え、各社の販売が期初の計画を上回るペースで推移している。期初かなり慎重な計画を立てていたこともあるが、ニコン<7731>は一時落ち込んでいた好採算の中高級機の販売が回復基調。映像事業の業績予想を売上高5100億円、営業利益350億円と、それぞれ300億円と100億円上方修正した。ただ「年末商戦の動向が読み切れない」(ニコン・寺東一郎CFO)という理由で下期については期初予想を据え置き、なお業績上振れの余地を残す(ニコンは4~6月期終了時に露光装置の在庫評価損を300億円追加計上し、全社ベースでは業績を下方修正した)。

キヤノン<7751>もデジカメの販売は一眼レフを中心に計画以上に推移しており、10月以降にかけても大きな心配はいらないだろう。

もっとも、そのカメラも各社が最高益を更新した07年度の水準まで回復することは当面考えられない。コンパクトデジカメの市場は成熟期に入り、今後先進国でも大きな成長は見込めない。最大市場の北米も、ローンで買った家を担保に借金をし、そのおカネで家電を買うようなかつての”狂騒”が戻ってくることはないはずだ。

07年度は一部の下位メーカーを除き、ほとんどの会社がデジカメで事業利益出していたが、今後は上位~中堅企業までしか利益をあげることはできなくなっていくだろう。事業赤字が続くHOYA<7741>(ペンタックスブランド)、富士フイルムホールディングス<4901>などは国内事業所の閉鎖や中国での原料調達など原価低減を進め、生き残りを図る。

(桑原 幸作)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT