猫ビックリ!幹細胞治療で慢性口内炎が完治

人間の口内炎治療にも応用へ

写真をクリックすると動画サイト(英語)にジャンプします

米カリフォルニア大学デービス校の研究者が、猫の難病である慢性歯肉口内炎(FCGS)を、自己複製や分化の能力を持つ「幹細胞」を使って治すのに成功した。人間の口内炎治療にも応用できる可能性があるという。

メス猫のスモーキーにとって、過去5年の月日は耐え難いものだった。飼い主のゲイル・ソールズベリーさんは当時をこう振り返る。「あれは2011年の夏でした。スモーキーが身を隠しがちになり、寄ってこなくなったんです。口に異常があるからだと気付きました」。

獣医に見せたところ、FCGSと診断された。同校のフランク・バーストレート教授(歯科口腔外科)は「慢性的な口内炎は猫に一般的な病気だ。痛みはものすごく、体を非常に衰弱させる。実験用の猫を発症させることができた例がこれまでにないため、治療はとても難しい」と語る。人為的に発症できないと、原因や効果的な治療法も分からないというわけだ。

FCGSに罹った猫については、歯を抜けば炎症も治まるのが一般的だ。しかし、スモーキーは不運にも、抜歯しても治らなかった。そこで、炎症を抑え組織再生を促すため、ネコ科の他の動物から採取・培養された幹細胞を投与される臨床試験を受けた。

来年にも人間に試す予定

バーストレート教授によると、慢性口内炎になる生物は、犬と人間の2つだけ。同教授らは早ければ来年にも、人間の口内炎に対する幹細胞療法を試してみる予定だ。

ところでスモーキーはめでたく治ったけれど、ご覧のようにダイエットが必要かもしれない。だが、飼い主のソールズベリーさんの考えは違う。「食べたいなと思ったものを(約5年間)ずっと見送るしかなかったんだから」というわけだ。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT