本当?ついに「猫の気持ち」がわかるように

スマホでペットと「会話」できる首輪が登場

写真をクリックすると動画(英文サイト)にジャンプします

犬や猫の気持ちが分かるハイテク首輪が、東京都内で開かれた技術展示会「ウェアラブルEXPO」に出展された。犬が尻尾を振るのは喜んでいる合図であることが多いが、猫がいまどんな気分なのかは非常に分かりにくい。こうした難点を科学的に解決しようというわけだ。

首輪に搭載された2つのセンサーがペットの動きなどを解析して、データをスマートフォンに送信。アプリが「嬉しい、興奮」、「リラックス」、「遊んでほしい」、「つまらない」の4種類に翻訳して表示する。

開発担当者は「尻尾を振ったり、鳴いたり、身体を震わせたりする時の振動を判定基準に当てはめて、動物の気持ちを表示する」と仕組みを説明している。

犬を以前飼っていたという来場者の女性は「動物と会話が出来るような気になるので、興味がある」と語った。

展示会では、姿勢を判定できるシャツも目を引いていた。伸縮可能なセンサーがデータをアプリに送信するため、着ている人は正しく座っているかどうかチェックできる。Tシャツが約85ドル(約1万円)で発売予定だ。52歳の会社員は健康のためなら値段は問題ではないとして、「肩こりや腰痛に悩まされるようになれば、間違いなく買うだろう」と述べていた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT