まるでUFO?ボール型ドローンの「得意技」

プロペラは中にあるので怪我の心配はご無用

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

ベルギーのテクノロジー企業が、自律飛行できるサッカーボール大のロボットを開発した。賢くて安全なドローン、というのが売りだ。

新ロボット「Fleye(フライ)」と同名の開発企業のローラン・エシェノエCEOは 「プロペラはボール内にあるため、触っても、ぶつかっても怪我しない」とアピールする。先週、ラスベガスの家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に出展した。

安全なだけではなく、操縦しなくても浮かんでいられるため、自撮りなどにも使える。

エシェノエCEOは「加速度計やジャイロ、高度計など多数のセンサーを搭載しているため、周囲の状況を見て自身の位置を把握し、同じ位置に浮かんでいられる」と説明。将来的には「完全に自律した飛行ロボット」として、データ収集や各種作業の支援、物品の運搬に生かしたいと語る。

同社は米クラウドファンディング企業キックスターターを通じて、現在までに30万ドルを調達した。幸先の良い出だしだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。