まるでUFO?ボール型ドローンの「得意技」

プロペラは中にあるので怪我の心配はご無用

写真をクリックすると動画サイト(英文)にジャンプします

ベルギーのテクノロジー企業が、自律飛行できるサッカーボール大のロボットを開発した。賢くて安全なドローン、というのが売りだ。

新ロボット「Fleye(フライ)」と同名の開発企業のローラン・エシェノエCEOは 「プロペラはボール内にあるため、触っても、ぶつかっても怪我しない」とアピールする。先週、ラスベガスの家電見本市コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に出展した。

安全なだけではなく、操縦しなくても浮かんでいられるため、自撮りなどにも使える。

エシェノエCEOは「加速度計やジャイロ、高度計など多数のセンサーを搭載しているため、周囲の状況を見て自身の位置を把握し、同じ位置に浮かんでいられる」と説明。将来的には「完全に自律した飛行ロボット」として、データ収集や各種作業の支援、物品の運搬に生かしたいと語る。

同社は米クラウドファンディング企業キックスターターを通じて、現在までに30万ドルを調達した。幸先の良い出だしだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT