厳禁!初対面の印象を悪くする「NG言動」

ANA社員が見た目に気を遣うワケ

仕事の実作業に入ってから、必要なことを話してもいいでしょう。でも、実作業に入る前のあいさつの中で、相手についての情報を得ておくことで、共同作業の立ち上がりがスムーズになり、その後の連携がうまく進む可能性が高まります。

初対面では「言葉のズレ」に注意!

『仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

初対面同士で仕事をするときは、コミュニケーションの行き違いで思わぬトラブルが発生することがあります。そこでポイントとなるのが、社内で使われている「言葉」です。

同じ職場で長く仲間として仕事をしてきた人とは、仕事を進めていく上での「言葉」を共有できているもの。その職場で使われている用語は、当たり前のように通じるはずです。また、相手の仕事ぶりがわかっていれば、「これは言わなくてもわかっている」「これは言っておいたほうがよい」といった判断もしやすくなります。

しかし、ほぼ初対面の相手と仕事をする際には、その「言葉」が通用しないことがあります。かつて整備士とCAの間で、このような「常識の違い」がありました。30年以上整備部門に在籍し、ANAビジネスソリューションでヒューマンエラー対策講師を務める山内敏幸は振り返ります。

「あるCAから、『26番のAのテーブルが前に出てこない』との報告を受け、次のフライトまでに修理することになりました。それで『26番のA』のテーブルを調べてみたのです。ところが、どこも壊れていない。おかしいなと思って、CAに確認したところ、CAにとっての『26 番』テーブルは、われわれ整備士が『25 番』と呼んでいるテーブルだとわかったのです」

なぜ、CAと整備士でテーブル番号のズレが生じたのでしょうか。原因は、整備士とCAとの「言葉の違い」にありました。

整備士が機体を整備するとき、 26 番テーブルとは、 26 番の座席の後ろについているテーブルだと考えます。しかしCAは、 26 番の座席に座るお客様が使われるテーブル、すなわち 25 番の座席の後ろについているテーブルを 26 番と整備士に伝えていたのです。

「自分たちの言葉」で、相手に物事を伝えていないか考えて、そのおそれがあるときには確認をしなければいけない、と山内は言います。

自分が仕事をする上で当然のように行っていることが、相手にとって当然でないことはよくあります。初対面の人と仕事をするときには、そのズレが生じているかどうかは察しづらいもの。「自分の常識は相手の常識とは違うかもしれない」と疑い、そのズレを確認することは、仕事に一緒に取り組んでいく上での基本的な心がけと言えます。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT