憧れの人を間近に見て、学ぶ。

インスパイア取締役ファウンダー/成毛 眞

 スポニチによれば全英オープン後の石川遼が、タイガー・ウッズとのラウンドの感想を聞かれて、「後ろを歩く機会が多かったので、いつもタイガーの延長線上を歩いていた。腰から頭のてっぺんまで一直線で、地面と垂直にスーッと進んでいく感じ。あんなきれいな歩き方をする人は見たことがない」と答えている。
 石川は事前のインタビューでもタイガーから歩く姿勢を学びたいと答えていたらしい。これを自ら気づいたのだとすると、彼は間違いなく天才である。コーチや父親の意見を取り入れたのだとしても、石川は偉大なプレーヤーになりうることは間違いないと思う。

他人から何かを効率的に学ぶときの最高の方法はその人になりきることだ。秘訣を聞くようなことはむしろ二の次だ。話し方や歩き方だけでなく、口癖や視線の配り方に至るまで、まずは外形をコピーすることが極めて重要だと言われている。

傑出したスポーツ選手や学者、画家や俳優などのアーティストは必ずといってよいほど憧れの先生や先輩の個人名をあげることができるように思う。それに比べると、ほとんどのビジネスマンには憧れの先輩などはいないのではなかろうか。
 そもそも現代のビジネス界にはお手本となるスーパースターが少ない。松下幸之助や本田宗一郎など、どんなにすばらしい経営者でも、亡くなった人からは、本を読んで経営の秘訣をのぞきみるくらいのことしかできない。このお手本となる経営者の不在こそが、日本経済低迷の遠因ではないのかと疑っている。
 ゴルフだけでなく経営においても、ハウツー本を読むだけではスーパースターは生まれないのだ。本物を身近に見てこそ、人は育つのであろう。

ところでタイガーが憧れていたのはジャック・ニクラウスだったことは有名だ。タイガーはスイングの真似こそはしなかったようだが、2人とも好きなコースはセントアンドリュースだし、メディア対応についてもニクラウスのアドバイスを受け入れたと言われている。

そのタイガーが今年のザ・メモリアルトーナメントで優勝した。このトーナメントはニクラウスが設計したコースで行われる。いわばボビー・ジョーンズのオーガスタに対する、ニクラウスの北のオーガスタなのだ。
 最終日4打差でスタートしたタイガーは圧倒的な追い上げで勝ったのだが、喜色満面ぶりはメジャーで優勝したときと変わりがなかった。ニクラウス主催の試合で復帰できたことが、よほどうれしかったに違いない。

おそらくタイガーは、生まれ育ったカリフォルニアに西のオーガスタを造るであろう。そのタイガーに憧れる石川遼は、日本に東洋のオーガスタを造ることができるであろうか。いまから楽しみなことである。

インスパイア取締役ファウンダー/成毛 眞(なるけ・まこと)
1955年北海道生まれ。アスキーなどを経て、91年マイクロソフト日本法人代表取締役社長。2000年に退社後、投資・事業開発コンサルティングのインスパイアを設立。趣味はジャズレコード収集やプラモデルなど多数。無類の読書家としても有名、書評も多く手掛ける。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT