日産が抱く野望とリスク、究極のエコカーをついに披露 

トップバッターの重責

日産はリーフと前後して自社開発のハイブリッド車(フーガとみられる)やクリーンディーゼルのAT車も発売する。特にハイブリッド車はリーフと同じくリチウムイオン電池を搭載し、独特の機構を持つ。1モーターであるためトヨタのプリウスよりコンパクト。モーター単独走行が長くできる点でホンダのインサイトよりも電気自動車に近い。セレナやティーダ、マーチのような人気車種に搭載すれば、強力な布陣が組める。

出遅れぎみだったエコカーで信頼を築き、後続につなげるためには、リーフでのつまずきは許されない。「ルノー・日産連合が世界3位の自動車メーカーであり続けるかどうかは電気自動車の成否にかかっている。新しい技術に100%の保証はない。100%なら他のメーカーも同じことをやる。リスクを負うなら、私はゼロエミッションのリスクを負いたい」と言い切ったゴーン社長は、自ら退路をばっさりと絶った。

■業績・事業概要など、会社情報の詳細はこちら

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT