メイクアップ化粧品が「肌に悪い」は誤解です ファンデはリキッドよりパウダーがオススメ

印刷
A
A

誤解3:パウダーファンデーションは肌を乾燥させるので、リキッドかクリームタイプのほうがよい

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、つけたときにしっとり感じられますが、実は長い目でみると、パウダーよりも肌を乾燥させます。ファンデーションは、タルクという細かい粘土のような粒子に、酸化鉄などの粉を混ぜて色味をつけたものです。粉末そのままのものが白粉、それに油分などを加えて固めたものがパウダーファンデーション、さらに水や油を増やして液状にしたものがリキッドやクリームタイプになります。液体の中に粉体を分散させるので、界面活性剤で乳化することが必要になります。

水分を含むものは界面活性剤が強い

つまりパウダーファンデーションに比べると、リキッドやクリームタイプは界面活性剤が強い分、肌への負担も大きくなるのです。また最近は汗や皮脂に強いくずれにくいタイプが好まれるため、シリコンオイルを配合するものが多く、これは皮膚に密着する力が強いため、落とす時の肌への負担もさらに大きくなります。

つまり液状のものよりも固形のパウダーファンデーションのほうが肌に優しいのですが、どうしても粉っぽくなってきれいにつかないという人は、油分が多めのしっとりタイプのパウダーファンデーションか、固形の練り状のファンデーションを選びましょう。液状でなく固形であるということが、肌に負担をかけないためのポイントです。

結論として、パウダーファンデーションを毎日使うほうが紫外線対策になるうえ、皮膚に負担も少ないといえます。アイシャドーやチークなどのカラーメイクも、パウダー系のものはさほど負担にはなりません。色とりどりのものは肌に悪そうに見えるかもしれませんが、それはイメージ。食べ物ではないので色素を気にすることにはあまり意味がないのです。最近は液状、ゲル状、ムース状などの変わった形のアイシャドーやチークがありますが、水分を含むものはみな界面活性剤が強いので、肌への負担は大きくなります。

賢く選んで、肌に負担をかけずにメイクアップを楽しみましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT