今足りないのは「アイラブ上司」の精神だ!

必要なのは「正しい忠誠心」

こんにちは、ずんずんです。寒さ極まる2月、皆様どうお過ごしでしょうか。

私が住んでいるシンガポールはこの時期春節にあたり、旧正月期間はお休みなのですが、その期間を利用して先日、日本に一時帰国してみました。

日本はすべてが素晴らしすぎて…(嗚咽)

この国を護らねばならぬ

そんな維新志士のような気持ちに、東京駅の人混みの中でなっていました。

しかし一介のOLがこの日本のためにできる事など特にありません。

「お気に入りポイント」ためてますか?

この連載の過去記事はこちら

さてはて、維新志士にはなれませんが、何がどうなるかわからないこの激動の時代、

できることなら一瞬一秒でも長く会社にしがみついていたい

そんなことを考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

リストラを避け、転職せずに、現状の職場環境をいかに快適にするか…
それにはいかに上司様に気に入られるかにかかっています

上司に気に入られるポイントを「お気に入りポイント」と呼んでいるんですが、意味はそのまんまです。

上司が好むことをすれば、そのポイントカードのポイントは増えていきますが、上司の気に入らないことをすれば、ポイントは失われていきます。
このポイント、貯めるのは大変ですが、失うのは一瞬なんですよ…。

そんなポイントはどうやったら効率的に貯めることができるのでしょうか。

次ページ粉骨砕身働く、もしくは…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。