無敵のトクホ・新発売「ヘルシアスパークリング」《それゆけ!カナモリさん》

無敵のトクホ・新発売「ヘルシアスパークリング」《それゆけ!カナモリさん》

■5月20日 無敵のトクホ・新発売「ヘルシアスパークリング」

 これは絶対に売れる。というか、誰も買わなくても、オレが買う。毎日。ヒットするのは1000に3つといわれる飲料市場において、久々の大型商品の予感だ。そんな、「ヘルシアスパークリング」は、「足し算」の商品だと思う。

 花王は1980年ごろから「栄養代謝」の研究をして、それが大ヒット商品の食用油・エコナを生んだ。2000年、世の中の、今日のメタボに続く肥満問題に目を付けヘルシアの開発プロジェクトを立ち上げた。プロジェクトはスキンケア製品でも扱ったことのあるポリフェノールに注目し、茶カテキンに辿り着いた。そしてヘルシア誕生。「高濃度茶カテキン」という独自技術で誰もマネできないポジショニングを確立したのである。

 ヘルシアは厚労省認可の「特定保健用食品」、いわゆる「トクホ」である。その効用は「高濃度茶カテキン飲料の継続飲用により脂肪の燃焼量が増加する」とされ、ちょいっとオナカ周りが気になる。もしくは、すでにメタボなヒトにはとっても必要な存在なのである。

 だがしかし、筆者も試しはしたものの、挫折した。だって、まずいんだもの。茶カテキンとはもともと苦みの成分で、体脂肪への効果を期待するなら1日およそ540mgの摂取が必要となる。普通のお茶のおよそ3~4倍。「そりゃ苦くて渋いわ!」と思う。

 「良薬口に苦し」。その独特の苦くて渋い味わいを信奉するファンもいる。だが、そうでない人のために、花王は技術の力で、飲み口を柔らかにした「ヘルシア緑茶 まろやか」を開発。さらにグレープフルーツ味のスポーツドリンクタイプ飲料「ヘルシアウォーター」を開発した。

 そんなヘルシアであるが、5月21日に発売された「ヘルシアスパークリング」は何とも無敵な商品に仕上がっている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。