北朝鮮、ミサイル発射期間を7~14日に変更

2月8~25日から前倒し

2月6日、日本政府は、北朝鮮が2月8日─25日としていた「人工衛星」と称する弾道ミサイルの発射期間について、2月7日─14日に変更する旨を通報したと発表。時間および区域に変更はないという。写真は北朝鮮の国旗。2015年1月、ジュネーブで撮影(2016年 ロイター/Pierre Albouy)

[東京 6日 ロイター] - 政府は6日、北朝鮮が2月8日─25日としていた「人工衛星」と称する弾道ミサイルの発射期間について、2月7日─14日に変更する旨を通報したと発表した。時間および区域に変更はないという。

政府はこれを受け、「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」において情報を集約するとともに、内閣危機管理監等の下で関係省庁局長級会議を開催し、対応について協議を行った。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT