「北朝鮮のミサイル発射は挑発行為だ」

米中首脳が電話会談、北朝鮮を牽制

 2月5日、オバマ米大統領(写真)は、中国の習主席と電話会談を行い、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射実験を行えば、挑発的で地域の安定を損なう行為になるとの考えで一致した。パリで昨年11月撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 5日 ロイター] - 米国のオバマ大統領は5日、中国の習近平国家主席と電話会談を行い、北朝鮮が長距離弾道ミサイルの発射実験を行えば、挑発的で地域の安定を損なう行為になるとの考えで一致した。

ホワイトハウスは声明で「両首脳は、北朝鮮の挑発的な行動に対し、国連安保理決議を含む断固とした国際的な対応が重要であるとの考えを強調した」とした。

両首脳はまた、北朝鮮が前月実施した核実験への対応を共に調整することで合意。同国の核保有は認めないとの立場で一致した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT