他人の「劣化コピー」になろうとしてはいけない

シャネルは、「すでにあるもの」に反発した

世界は、あなたを正統派という教義の中に沈みこませ、その他大勢と見分けのつかない人にしてしまう。その力に抗うというのは、一生戦いながら生きていくということでもある。

クリエイティブになり切るためなら、自分らしくあっても構わないのだと自分に対して許してやらなければならない。誰でも強みと弱点の両方を抱えているものだが、クリエイティブな人はどちらも活かす。自分にしかないユニークな特性を強調することは、ひいてはあなたの会社や、商売、学校、家族に対しても良い結果をもたらすのだ。

自分を知ることが大切だ

行き詰まったときに効く86のアイデアが紹介されている(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

しかし、誰もが同じであることを強要する社会では、それは難しい。自分が何に響いて、どういうことに反応するのか、分析して理解してみよう。時計を分解して、何がどのように動くか見てみるかのように。自分を知るということは、自分にどんな特別な貢献ができるか知るということでもある。自分に尋ねてみよう。

あなたが思いついた今までで一番良いアイデアは何だったか。どういう経緯で思いついたのか。どんなときにあなたは一番冴えているのか。

あなただけの方法論や性格を育んでやろう。他人の劣化コピーでいるよりも、一番出来の良い自分でいよう。

「朝から晩まで絶え間なく、とてつもない勢いであなたに他人と同じであることを強要するこの世界の中で自分らしくあろうということは、要するに人間が直面し得る最も苛烈な戦いを、休みなく続けるということなのだ」
E・E・カミングス[詩人・画家]
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT