日本人が知らない海外の大炎上事件トップ5

ウォルマートのケーキは何がマズかったのか

このビールを飲むと、ついつい酔っ払って男性の誘いにNOと言えなくなってしまうのか、そういう雰囲気ができあがるのかはわからない。ただ、誤解を招く表現ではあるだろう。性的な暴行に加えて、あまりに飲酒に対して無防備でありすぎるといった批判もあった。つまり、これが飲酒運転などの行為も助長するというのだ。企業の社会的責任の問題にまで論が進み、SNSを中心に議論が盛んになった。

表現の自由と、そして企業ブランドイメージと、そしてセクシャルハラスメント、アルコールハラスメント――。さまざまな要素がここには入っている。

その意味を知らなかった…

【第1位】まさかのISISケーキ

最後は米国最大の小売チェーン、ウォルマートだ。米国ルイジアナ州スライデルのウォルマートで顧客の要望に応じてISISのシンボルがはいったケーキを焼き販売してしまったという。ISISとは言うまでもなく、あの「イスラム国」のことである。これも「walmart isis cake」で検索してほしい。

歴史的な説明は省くものの、ウォルマートは当初、この顧客からの要望であった「Confederate flag=南部旗」は作成を拒否した(おそらく店員も排外主義の可能性があるこの旗の意味を理解したのだろう)もののISISのケーキを作り、それがYouTubeで公開され大騒ぎとなった。

これは単純に店員がISISのロゴに無知だったに違いないし、それに、顧客がYouTubeでウォルマートケーキを公開するとは想像もつかなかったに違いない。YouTubeでのタイトルは、そのまま「Walmart makes ISIS cake, refused Confederate flag cake.」となっている。

ケーキ職人は自分の腕にかけ、顧客が満足してくれるケーキをつくったに違いない。実際にウォルマートの広報は、担当者が「その意味を知らなかった」と述べた。しかし、同時に謝罪も行っている。「こんなケーキは作られてはいけなかった。誤りを謝罪したい("This cake should not have been made, and we apologize for the mistake.")」と。

トップ5からトップ2までは、企業のパロディがどこまで許されるかといった問題だ。そしてトップ1は、社員が悪意を持たず知識が足らないとき、企業はどこまで責められるのか、といった話になる。

私見はできるだけ排除した。もちろんなかには「許してやれよ」と正直な感想を持つ事件も少なくない。とくに私はウォルマートの事件については、騒ぐのはわかるにしても、ウォルマートのケーキ職人を責める気にはなれないでいる。もちろん知識不足だったと非難するのは簡単ではあっても。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。