発達障害の部下を叱っても「全く無意味」な理由

同じようなミスを繰り返す、何度催促しても、レスポンスが返ってこない。
そんな「要領の悪い部下」に悩む上司は多いと思います。

しかし彼らは決して仕事のやる気がないわけではありません。

日本では20人に1人が発達障害と診断されており、グレーゾーンの人も含めるともっと多いと言われています。

不注意、多動性、衝動性の症状が特徴で、その特性がゆえに「普通に働く」ことに困難さを感じる人がたくさんいます。

上司が良かれと思ってやっていることが彼らにとって逆効果なケースとは?

▼動画で紹介した『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(サンクチュアリ出版)はこちら
https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4801400744/toyokeizaia-22/

▼チャンネル登録はこちらより
https://www.youtube.com/channel/UCN36kFB7Lh4tptI4rsy5vFw

▼東洋経済オンラインで配信した元記事はこちら
https://toyokeizai.net/articles/-/349598

出演:守永真彩(東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーター)
サムネイルデザイン:駒井佐和子(東洋経済新報社 メディア開発部)
サムネイル写真撮影:尾形文繁

東洋経済オンライン
チャンネル登録者数 8460人

東洋経済オンラインの公式YouTubeチャンネルです。日本最大級のビジネスニュースサイト「東洋経済オンライン」より、経済ニュース・ビジネス情報・就活などに役立つ情報を動画でお届けします!