高齢被災者の住宅再建、「災害リバモ」で後押し
東洋経済オンライン
高齢被災者の住宅再建、「災害リバモ」で後押し
修繕に画期的な融資制度、拡大のカギは?
岡田 広行
「8年ぶりに自宅の風呂に入ることができた。夢のような話です。それもこれもみんな、お膳立てをしてくれ…
「サバ缶」大ブームでも水産会社が喜べない事情
東洋経済オンライン
「サバ缶」大ブームでも水産会社が喜べない事情
「代用品」としてイワシ缶が赤丸急浮上中
中村 稔
サバ缶のかつてないブームが水産会社の懐を潤している。2018年4~12月において業界トップシェアであるマ…
中国全人代が開幕、「GDP倍増」は実現できるか
東洋経済オンライン
中国全人代が開幕、「GDP倍増」は実現できるか
米中貿易摩擦受け、目立つアメリカへの配慮
西村 豪太
3月5日午前、中国・北京市で全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が開幕した。会期は3月15日午前まで…
円借款検討の石炭火力、反対住民が次々投獄
東洋経済オンライン
円借款検討の石炭火力、反対住民が次々投獄
インドネシアで人権問題、外務省の対応は?
岡田 広行
外務省と国際協力機構(JICA)が政府開発援助(円借款)の供与を検討しているインドネシアの石炭火力発電…
経団連会長の「原発巡る公開討論」早くも腰砕け
東洋経済オンライン
経団連会長の「原発巡る公開討論」早くも腰砕け
脱原発団体が呼応も、経団連は「時期尚早」
岡田 広行
日本経済団体連合会(経団連)の中西宏明会長(日立製作所会長)が提唱した、原子力発電の是非を巡る「公…
米中貿易戦争は根が深く、短期で終わらない
東洋経済オンライン
米中貿易戦争は根が深く、短期で終わらない
元・財務省財務官の渡辺博史氏に聞いた
中村 稔
世界的に金融市場と経済の先行きに不透明感が増している。今後の世界経済の見通しについて、元・財務省財…
新たな対韓強硬策、ジェトロ事業の中止検討
東洋経済オンライン
新たな対韓強硬策、ジェトロ事業の中止検討
日韓緊迫を受け、事務所代表の帰国も視野に
福田 恵介
慰安婦や徴用工問題、自衛隊哨戒機に対する韓国艦艇からの火器管制レーダーの照射問題などで、日韓関係が…
株価崩落を2019年に招くこれだけの波乱要素
東洋経済オンライン
株価崩落を2019年に招くこれだけの波乱要素
マネー収縮に加え米中経済の減速を警戒せよ
大崎 明子
目先の波乱は乗り切ったがジェローム・パウエルFRB(アメリカ連邦準備制度理事会)議長の舵取りはいっそ…
海藻用いた「脱プラ品」に世界が注目するワケ
東洋経済オンライン
海藻用いた「脱プラ品」に世界が注目するワケ
インドネシアで公害と貧困の同時解決狙う
岡田 広行
海や川にあふれ出すプラスチックゴミ。2016年1月のダボス会議では、現在の状況を放置すると、2050年まで…
小泉進次郎が描く公的年金「大改造計画」
東洋経済オンライン
小泉進次郎が描く公的年金「大改造計画」
人生100年時代の安全網をどのように築くか
野村 明弘
2018年10月から自民党の厚生労働部会長を務める小泉進次郎・衆院議員が、積極的な公的年金改革に取り組ん…
50ドル前半へ反発も、原油価格上昇は限定的
東洋経済オンライン
50ドル前半へ反発も、原油価格上昇は限定的
米中貿易摩擦、英EU離脱などリスクは山積み
中村 稔
2018年10月初頭に1バレル76ドル台をつけて以降、12月下旬には42ドル台まで急落していたニューヨーク原油…
2回目の米朝会談、最大のリスクはトランプ氏
東洋経済オンライン
2回目の米朝会談、最大のリスクはトランプ氏
朝鮮半島の「完全な非核化」は進展するのか
福田 恵介
史上2回目の米朝首脳会談が2019年2月下旬に開催されることになった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)…
日立、原発プロジェクト凍結は大英断なのか
東洋経済オンライン
日立、原発プロジェクト凍結は大英断なのか
国内原発メーカー3社の再編・統合へ鳴る号砲
山田 雄大
日立製作所は1月17日、これまで進めてきたイギリスでの原子力発電所建設計画「ホライズン・プロジェクト…
米国FRB「パウエルプット」が招く市場の混乱
東洋経済オンライン
米国FRB「パウエルプット」が招く市場の混乱
2009年以降の流動性相場は終わりに近づく
大崎 明子
アメリカの連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が4日、アトランタで開かれたアメリカ経済学会の年次…
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。