矢部 健太郎(やべ けんたろう)
國學院大學教授

博士課程後期修了、博士(歴史学)。防衛大学校人文社会科学群専任講師を経て、現在、國學院大學文学部教授。専門は、日本中世史、戦国・織豊期の政治史・公武関係史。主な著書に『豊臣政権の支配秩序と朝廷』(吉川弘文館、2011年)、『関ヶ原合戦と石田三成』(吉川弘文館、2014年)など。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT