太田 和彦(おおた かずひこ) Kazuhiko Oota
グラフィックデザイナー、居酒屋探訪家

1946年中国北京生まれ、長野県出身。東京教育大学(現・筑波大学)教育学部芸術学科卒業。資生堂宣伝制作室アートディレクターを経て独立。2001〜2008年、東北芸術工科大学教授。本業のかたわら日本各地の居酒屋を訪ね、数々の著作を発表。著書に『居酒屋百名山』『ニッポン居酒屋放浪記』『ひとり飲む、京都』『超・居酒屋入門』『居酒屋を極める』『太田和彦の東京散歩、そして居酒屋』(河出書房新社)、『東海道居酒屋五十三次』『居酒屋かもめ唄』『ひとり旅 ひとり酒』老舗になる居酒屋』(光文社新書)など多数。BSイレブン『太田和彦のふらり旅新・居酒屋百選』出演中。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT