家飲みの質格段に上がる缶ビール「正しい注ぎ方」 いつもの家飲みがマンネリ化しない意外なワザ

拡大
縮小
定番となった「家飲み」。ビールや酒の飲み方、家飲みにピッタリなつまみなど、家飲みが極上の時間になる方法をご紹介します(写真:zak/PIXTA)
この記事の画像を見る(3枚)
年末年始でお酒を飲む機会が増えてきたが、今年はまだ外食三昧というより「控えめにいこう」という人も少なくないだろう。そうした中、密ではない「この時間」を、気ままに贅沢に、誰に気を使うことなく楽しめる「家飲み」はもはや定番となっている。
一方で家飲みが続き、やや「マンネリ化している」と感じる人がいるかもしれない。そこで本稿では、居酒屋探訪家として30年以上活動している太田和彦氏の新著『家飲み大全』より、ビールや酒の飲み方、家飲みにピッタリなつまみなど、家飲みが極上の時間になる方法について一部抜粋・再構成して紹介する。

家飲みと外飲みの違い

夜10時。人のざわめきも、威勢のよい店の声も、仲間や女将との語らいも、温かな雰囲気も、何もない。今あるのはオレ1人。

――これがいい。

家飲みとは、世間も、他人もすべて遮断し、自分1人に沈潜するところに意味、醍醐味がある。パジャマで飲もうが、いすにあぐらをかこうが、だらしなくしようが、誰の目も気にせず、緊張のかけらもなく、何もしないでぼおっと飲んでいる。

酒なら家で飲めるのに、わざわざお金を払って「外飲み」をするのは「世間」に身をおくこと、他人の中に自分を放り込むことが目的だからだ。それゆえ、入った店に客は自分1人だったらつまらなく、ある程度混んでいるほうがよい。人との「密」が必要だ。そこには自分が「人好き」の要素もある。注文した、家では食べられない料理もまた世間。酔っぱらうのが目的ではなく「世間との絆を確認する」ことでもある。

家飲みはその真逆だ。「世間との関係を断って」1人で飲む。「密」ではない「個」の世界。酒も料理も注文はできない、いつも同じもの。しているのは、世間の観察、世間との連帯ではなく、自分の観察、自分との連帯。普段は忘れている「自分との絆を確認する」営為だ。

次ページ誰もがまねできる太田流家飲みの作法
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT