大槻 奈那
大槻 奈那(おおつき なな) Nana Otsuki
マネックス証券 執行役員

東京大学文学部卒業。邦銀勤務の後、ロンドン・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。格付け会社スタンダード&プアーズ、UBS証券、メリルリンチ日本証券にてアナリスト業務に従事。2016年1月より現職。名古屋商科大学大学院教授、二松学舎大学客員教授を兼務。共著で、『S&P 日本の金融業界』シリーズ(東洋経済新報社)、『リテール金融のイノベーション』(金融財政事情研究会)、『本当にわかる債券と金利』(日本実業出版社)など。ロンドン証券取引所 アドバイザリーグループ・メンバー。東京都公金管理アドバイザリー会議、財務省財政制度等審議会分科会、貯金保険機構運営委員会、日本貿易保険(NEXI)評価委員会で委員を務める。宅地建物取引士。多面的な金融分野の経験から、変わりゆく金融の将来を考えたいと思っている。趣味は、テニスと落語鑑賞。好きな題目は立川志の輔の「浜野矩随(はまののりゆき)」。絶妙な語り口で、腕がダメでも必死でやればよい物ができると励まされる。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。