「被害者支援」を軽々しく口にする人たちの特徴

福祉には熱意や情熱よりも大切なものがある

PTSD被害を受けた方に寄り添う支援とはどのようなものなのでしょうか(写真:keyphoto/PIXTA)

私は社会福祉学のマクロ(政策)を中心に研究しています。研究には行動経済学、医療経済学、公衆衛生・疫学、データサイエンス、社会保障などのさまざまな専門知が必要です。本稿では、DVや児童虐待によりPTSD(心的外傷後ストレス障害)被害を受けた人に対して寄り添う支援とはどういうことか、マクロ政策の視点から説明します。

児童虐待やDVの被害によりPTSDになる人もいます。PTSDとは、強烈なショック体験や強い精神的ストレスが心のダメージとなり、時間が経ってからも、その経験に対して強い恐怖を感じるものです。

PTSDからの回復にはどのようなものが有効なのでしょうか? 社会的コストの手法の1つとして費用対効果分析というのがあります。イギリスの研究者Ifigeneia Mavranezouli氏の研究結果を紹介します。

成人期の患者のPTSDの回復において最も費用対効果が高かったのは「EMDR」(適応的情報処理というモデルに基づいた心理療法)、そして「複合した認知療法」「サポート付きセルフヘルプ」「SSRI」(抗うつ薬の一種)などが続くのですが、「カウンセリング」は「何もしない」よりも実は順位が低い結果となりました。つまりカウンセリングより無治療のほうがマシということです。

この結果にはさまざまな解釈がありますが、1つにはPTSDの方に漫然とカウンセリングを行うのは有害だということです。カウンセリングにより、患者はトラウマを「暴露」させられるという再被害を受ける可能性があります。ミクロ領域のPTSD対応にはよほどの専門トレーニングを受けた方でないと扱えない難しい分野です。

軽々しく虐待やDV被害者支援を口にする人たち

被害を受けた方、その中でもとくにPTSDの方を支援するのは非常に高度で専門的なスキルが必要です。しかしスキルがない人や団体が支援をする場合、大雑把に3つのタイプに分かれます。どのタイプも傷ついた弱者を操作することに長けています。自身が元当事者ということに向き合わずにその被害回復にほかの被害者を利用するなどが典型行為です。

①搾取

被害体験を聞き取るだけでケアをしないという最悪な手法を取ります。その体験を講演会のネタにしたり、ひどい場合は、それら被害者の体験を本にしたりして印税を得ますが、被害者には還元しません。被害者が疑問を感じて意見をすると恫喝するなどの行為を行い、さらに被害者のメンタルが悪化する事例がみられる、再被害の典型パターンです。

次ページ「洗脳」と「利用」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT