プレスバターサンドが「人気菓子」となったワケ

すべてが「逆張り」のブランドコンセプト

プレスバターサンドの立ち上げ時にはストア運営責任者だったという、BAKE副社長の近藤章由氏(筆者撮影)

2019年12月26日には新ブランドも加わった。「送る・贈る」という行為をコンセプトに据えた、その名も「POSTBOX SAND COOKIE」だ。

薄焼きのクッキー生地にチョコレートを挟んだスイーツで、弾力のある生地に上下から熱と圧力を加えた「薄焼き製法」によって制作。プレスバターサンドの製法をヒントに開発されたという。

なぜこのような手間をかけているかというと、このクッキーがポストに投函されることを前提としているためだ。

「配送時にクッキーが割れないような工夫をする必要がありました」(近藤氏)

期間限定のポップアップストアを国内に順次展開。スタートは都内主要駅6カ所にて、12月末〜1月中旬に展開された。年末年始の贈答の多い期間だったこともあり、「送る・贈る」をコンセプトとしたギフト菓子への反響は大きかったようだ。

次回以降は、新宿のルミネエスト(1月31日〜2月16日)、池袋の東武百貨店(1月31日〜2月14日)の2カ所で展開する。

テイストは現時点では、ミルククリーム、宇治抹茶、チョコレートの3種類だが、今後はショップの立地に合わせ、地域性を取り入れたテイストを加えていく予定だ。

「ご当地の味」は希少価値を高め、しかも「すべての味をコンプリートしたい」というコレクター意識を刺激するため、本拠地・地域のそれぞれで売り上げの相乗効果をもたらす作戦だ。

スイーツを食べるという体験には観光のワクワク感、そして、限定スイーツがあるということで、地域の魅力をも向上してくれる。

しかし種類を増やし、しかも地域ごとに異なる味となると、オペレーションが複雑になるように思える。

「クリームの部分は地元の企業にサポートいただく予定です。BAKEは東京の企業ですが、地域で愛される食材を使い、一緒になって地域を元気にしていきたいという思いがあります」(近藤氏)

「モノづくりを通じ、菓子業界を革新していきたい」

老舗洋菓子店の2代目である長沼真太郎氏が創業以来、「お菓子のスタートアップ」を目指し、革新的な手法を実行してきた同社。第1の目標としてきた上場に向けては道半ばといったところだ。

「菓子業界はもともと保守的な業界で、工場などの設備投資も大きいため、小さな会社が成功するのは難しいところがあります。その中で当社は、インパクトを与えるモノづくりを通じ、業界を革新していきたいと考えています。BAKEらしさを失わず、迷わずチャレンジしていきます」(近藤氏)

箱状のクッキー2枚でサンドした革新的な形状は、中身がはみ出ないようにと考案されたもの。独特の食感を生み出している(写真:BAKE)

そのための課題となるのが、規模の拡大につれ、目標の共有が難しくなること。今、BAKEの体制は社員、パートアルバイトを含め1500人弱にまで拡大している。BAKEでは、内外に向けたオウンドメディアにより、自社やブランド、飲食業界の情報を発信し、思いの共有を図っている。

そしてプレスバターサンドは、そんなBAKEの成長戦略において、突破口を開く存在と言えるだろう。今後は海外展開に打って出る予定で、台湾をまずその足がかりとする。1月10日から51日間、ポップアップストアを展開している。将来的には、アジア各地のご当地味プレスバターサンドが味わえる日が来るかもしれない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。