予測不能「ゾンビ襲来」から自分の身を守れ 「常識」という箱から抜け出せるかが勝負だ

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

ペンタゴンが実施したゾンビ襲撃をシナリオにした実践トレーニングは、『CONPLAN 8888-11』と呼ばれるもので、2011年に一般にもその内容が公開されている。このトレーニングはもともと、「Out of the box thinking training」つまり、「常識」という箱から抜け出して、思考を創造的に鍛えるための訓練としてデザインされた。

ゾンビが人類を攻撃するというシナリオは、大規模な緊急事態シミュレーションにはもってこいといえる。登場するゾンビも奇想天外で、鳥インフルエンザを彷彿させるチキンゾンビ、魔術をつかう特殊なゾンビ、宇宙からやってくるゾンビ、肉を食べないという設定のベジタリアンゾンビなるものまで、細かい設定がある。特徴が違う複数の歩くゾンビたちに、どう立ち向かうかを記した公開文書は、実に31ページにも及ぶ内容だ。

ペンタゴンで扱う案件は「想定外」のことばかりである。実際にゾンビ襲撃に対処することはないかもしれないが、想像すらできないような脅威への対処は、日常茶飯事といえる。「頭を柔軟に動かし、固定概念の中に納まらずに物事に対処している力」は、どんな時にも有効だ。困難を乗り越えるには、私たちはつねに「常識」という箱を抜け出さねばならない。

私たちが抱える最大の脅威は「恐れ」

すぐに取り入れられる、ペンタゴン式のシンプルなメソッドを紹介している。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

しかし実際には、想定外はどこでも起こる。何もこれは、ペンタゴンに限られたことではない。地震や火事などの災害に始まり、リストラ、人間関係のもつれ、仕事の失敗、男女間の問題、子供の問題など、「まさか」と思うようなことは、誰の人生にも起こりうる。そしてそれらの「まさか」こそ、あなたの人生における「ゾンビ」なのだ。

私たちがそんな「ゾンビ」に遭遇した際に、最大の脅威になるものが、自らの「恐れ」。予測していなかった事態を経験すると、人は多かれ少なかれ「恐れ」を感じる。しかし人が恐れを抱く時、無意識のうちに望ましくない反応に自ら陥ってしまうことは、少なくない。あなたは、次のような反応をしてしまった経験はないだろうか。

次ページ「望ましくない反応」4つ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT