ゴルフ世界一「ジョーダン・スピース」物語

7歳のとき遭遇した衝撃的な出来事

父親はそう振り返る。両親の時間もおカネも愛情も、すべてを弟と妹のために注がせようとすることが、当時のスピース少年にできた家族愛の表現だった。

さまざまな「もらった力」

1人で練習に明け暮れたスピースが不幸だったかと言えば、その正反対だとスピース自身は感じている。実際、彼に手を差し伸べた人々は大勢いた。そんな周囲の助けがあったからこそ、今の自分があるのだとスピースはつねに感謝している。米ツアーで初優勝を挙げたわずか半年後、すぐさまチャリティ基金を創設した背景には「恩返し」の念がある。

米国ではゴルフが庶民のスポーツと見られているが、とはいえ、エリート少年たちが凌ぎを削るジュニアゴルフ界を生き抜くためには、かなりの費用がかかる。

スピース家には、そのための経済的余裕はなかった。だが、AJGA(米国ジュニアゴルフ協会)とその協力財団「ザ・サンダーバード」が未来のプロゴルファーを必死で目指すスピースを12~18歳まで経済的に支え続けた。

そのジュニア時代、心の支えになってくれたのは同い年の親友、ジャスティン・トーマスだった。トーマスはスピースより2年遅れで昨季から米ツアー参戦を開始し、今季開幕シリーズのCIMBクラシックで初優勝を挙げたばかり。トーマスがスピースにもたらしたものは果てしなく大きい。その話は後編で紹介しようと思う。

スピースは学校の授業やゴルフの合間に時間を作っては妹エリーが通う障害児学校へ足を運び、ボランティアをしたり、エリーと遊んだり、送迎をしたり。

「ピュアなエリーと向き合っていると、自分は何のためにゴルフをしているのかをエリーが教えてくれる。そして、どんどん想像力が湧いてくる」

スピースのゴルフの技術力を向上させてくれたのは、12歳から師事してきたスイングコーチのキャメロン・マコーミックだ。

2010年のバイロン・ネルソン選手権に16歳のスピースが推薦出場できたのは地元に強いマコーミックのおかげだった。初めて出場した米ツアーの大会でスピースは緊張と興奮に胸を躍らせた。「こら、ジョーダン!少し落ち着きなさい」とマコーミックが叱っても、「うれしくて、うれしくて……」と夜明け前からウキウキそわそわ。

試合は悪天候でサスペンデッド続きの不規則進行になったが、それでもスピースは見事に予選通過を果たし、一時は優勝も夢ではないと思われるほどの奮闘ぶりで16位フィニッシュ。

「ずっと、あそこでプレーしていたかった……」

スピースがプロ転向を決意したのは、それから2年半後の2012年12月。そのとき彼は18歳の大学生だった。

(後編へ続く)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。