ダンロップ、米ゴルフメーカー買収の大誤算

「スリクソン」ブランドも通じず、初の赤字

新製品の「ゼクシオ9」に賭けるダンロップ。今期は赤字転落が濃厚だが…

今やそのルックスで大人気の女子プロゴルファー、イ・ボミ選手(韓国)とボールの使用契約をしている、国内ゴルフ大手のダンロップスポーツ。が、その華やかさとは裏腹に、同社の2015年12月期決算は、39億5000万円の特別損失を計上。2006年に上場以来、初の最終赤字(38億円)に陥る見通しとなった。

そればかりではない。ダンロップは赤字転落に伴い、期末無配や株主優待中止、取締役5人の報酬減額などもあわせて発表。国内ゴルフ市場を牽引するメーカーに、一体、何が起こっているのか。

高価格は「ゼクシオ」、アスリートは「スリクソン」

大人気のイ・ボミ選手(韓国)も、ダンロップとボールの使用契約を結んでいる

特損を計上した理由は、北米ゴルフクラブの販売不振にある。ダンロップは2007年12月、米ゴルフメーカーの「クリーブランドゴルフ」を、約152億円で買収した。国内ゴルフ市場が徐々に縮小していくことを見据え、当時、全米では第5位、ウエッジではトップシェアの同メーカーを手に入れ、海外ビジネスに本格参戦したのだ。

元々、ダンロップは日本や韓国、中国で、高価格帯の「ゼクシオ」、アスリート向けの「スリクソン」という、2大ブランドを長く販売してきた。現在の契約選手は、前述のイ・ボミのほか、松山英樹や片山晋呉など、それこそトッププロが名を連ねている。

次ページスリクソンは欧米で通用せず
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。