ダンロップ、米ゴルフメーカー買収の大誤算

「スリクソン」ブランドも通じず、初の赤字

新製品の「ゼクシオ9」に賭けるダンロップ。今期は赤字転落が濃厚だが…

今やそのルックスで大人気の女子プロゴルファー、イ・ボミ選手(韓国)とボールの使用契約をしている、国内ゴルフ大手のダンロップスポーツ。が、その華やかさとは裏腹に、同社の2015年12月期決算は、39億5000万円の特別損失を計上。2006年に上場以来、初の最終赤字(38億円)に陥る見通しとなった。

そればかりではない。ダンロップは赤字転落に伴い、期末無配や株主優待中止、取締役5人の報酬減額などもあわせて発表。国内ゴルフ市場を牽引するメーカーに、一体、何が起こっているのか。

高価格は「ゼクシオ」、アスリートは「スリクソン」

大人気のイ・ボミ選手(韓国)も、ダンロップとボールの使用契約を結んでいる

特損を計上した理由は、北米ゴルフクラブの販売不振にある。ダンロップは2007年12月、米ゴルフメーカーの「クリーブランドゴルフ」を、約152億円で買収した。国内ゴルフ市場が徐々に縮小していくことを見据え、当時、全米では第5位、ウエッジではトップシェアの同メーカーを手に入れ、海外ビジネスに本格参戦したのだ。

元々、ダンロップは日本や韓国、中国で、高価格帯の「ゼクシオ」、アスリート向けの「スリクソン」という、2大ブランドを長く販売してきた。現在の契約選手は、前述のイ・ボミのほか、松山英樹や片山晋呉など、それこそトッププロが名を連ねている。

次ページスリクソンは欧米で通用せず
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。