青木功、「日本からトップ選手を生み出そう」

まず国内のコース設計を難しくするべき

テレビでご覧いただいた方はご存じのとおり、今年の全英オープンは雨や嵐のオンパレード、試合は27年ぶりに月曜日にずれ込みました。

あまりにも気温の低い日が続くので、地元セントアンドリュースの人に「夏はいつ来るんだい?」と聞いたら、「半袖で過ごせる日が3日もあったら夏だよ」そう答えられましてね。そんな土地柄からゴルフが生まれたんだから、寒いの、暑いの、風が強いのなんて言ってたらゴルフは始まらないってことですね。

日本とスコットランドは条件がまったく違う

そう思えば、環境のいい日本で試合をしていて出場資格が取れたからといって、何の準備もなく全英オープンにやって来ても、活躍するのはチョット難しいのはご理解いただけると思います。全英の前にスコットランドの試合に何とかして出るとか、来年に思いを託して会場を見て帰国するとか、何かその経験を糧に一工夫しないと、ゴルフファンに夢を与えられないってことですね。

その中ではいいゴルフをしていた藤田寛之が、予選落ちの後「日本のトーナメントコースも少し難易度を上げないと全英での活躍は難しい」と言ってたようですね。

次ページ日本はパー72にこだわりすぎる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT