青木功、「日本からトップ選手を生み出そう」

まず国内のコース設計を難しくするべき

テレビでご覧いただいた方はご存じのとおり、今年の全英オープンは雨や嵐のオンパレード、試合は27年ぶりに月曜日にずれ込みました。

あまりにも気温の低い日が続くので、地元セントアンドリュースの人に「夏はいつ来るんだい?」と聞いたら、「半袖で過ごせる日が3日もあったら夏だよ」そう答えられましてね。そんな土地柄からゴルフが生まれたんだから、寒いの、暑いの、風が強いのなんて言ってたらゴルフは始まらないってことですね。

日本とスコットランドは条件がまったく違う

そう思えば、環境のいい日本で試合をしていて出場資格が取れたからといって、何の準備もなく全英オープンにやって来ても、活躍するのはチョット難しいのはご理解いただけると思います。全英の前にスコットランドの試合に何とかして出るとか、来年に思いを託して会場を見て帰国するとか、何かその経験を糧に一工夫しないと、ゴルフファンに夢を与えられないってことですね。

その中ではいいゴルフをしていた藤田寛之が、予選落ちの後「日本のトーナメントコースも少し難易度を上げないと全英での活躍は難しい」と言ってたようですね。

次ページ日本はパー72にこだわりすぎる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。