青木功、「日本からトップ選手を生み出そう」

まず国内のコース設計を難しくするべき

テレビでご覧いただいた方はご存じのとおり、今年の全英オープンは雨や嵐のオンパレード、試合は27年ぶりに月曜日にずれ込みました。

あまりにも気温の低い日が続くので、地元セントアンドリュースの人に「夏はいつ来るんだい?」と聞いたら、「半袖で過ごせる日が3日もあったら夏だよ」そう答えられましてね。そんな土地柄からゴルフが生まれたんだから、寒いの、暑いの、風が強いのなんて言ってたらゴルフは始まらないってことですね。

日本とスコットランドは条件がまったく違う

そう思えば、環境のいい日本で試合をしていて出場資格が取れたからといって、何の準備もなく全英オープンにやって来ても、活躍するのはチョット難しいのはご理解いただけると思います。全英の前にスコットランドの試合に何とかして出るとか、来年に思いを託して会場を見て帰国するとか、何かその経験を糧に一工夫しないと、ゴルフファンに夢を与えられないってことですね。

その中ではいいゴルフをしていた藤田寛之が、予選落ちの後「日本のトーナメントコースも少し難易度を上げないと全英での活躍は難しい」と言ってたようですね。

次ページ日本はパー72にこだわりすぎる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。