青木功、「日本からトップ選手を生み出そう」

まず国内のコース設計を難しくするべき

テレビでご覧いただいた方はご存じのとおり、今年の全英オープンは雨や嵐のオンパレード、試合は27年ぶりに月曜日にずれ込みました。

あまりにも気温の低い日が続くので、地元セントアンドリュースの人に「夏はいつ来るんだい?」と聞いたら、「半袖で過ごせる日が3日もあったら夏だよ」そう答えられましてね。そんな土地柄からゴルフが生まれたんだから、寒いの、暑いの、風が強いのなんて言ってたらゴルフは始まらないってことですね。

日本とスコットランドは条件がまったく違う

そう思えば、環境のいい日本で試合をしていて出場資格が取れたからといって、何の準備もなく全英オープンにやって来ても、活躍するのはチョット難しいのはご理解いただけると思います。全英の前にスコットランドの試合に何とかして出るとか、来年に思いを託して会場を見て帰国するとか、何かその経験を糧に一工夫しないと、ゴルフファンに夢を与えられないってことですね。

その中ではいいゴルフをしていた藤田寛之が、予選落ちの後「日本のトーナメントコースも少し難易度を上げないと全英での活躍は難しい」と言ってたようですね。

次ページ日本はパー72にこだわりすぎる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。