青木功、「日本からトップ選手を生み出そう」

まず国内のコース設計を難しくするべき

確かに、日本はパー72にこだわりすぎるようで、大幅なコース改造を無理にしないでも、フェアウェーを少し狭くして、グリーンをやや硬めに、そして短いパー5をパー4にすれば、18ホール、パー70になったりはするだろうけど、選手の技術の向上には役に立つと思うね。

日本期待の松山英樹は18位タイに終わったけど、全英オープンのような条件で戦うと、世界には自分の上に何十人かいるな、と自覚したと思いますね。松山は、その翌週は日本のダンロップ・スリクソン福島オープンに急遽飛行機をチャーターしての出場。最終日には18番ホールで、参加してくれてありがとうの大拍手。その拍手に驚いたようだったけど、ハードなスケジュールでも帰ってきてよかったと思う瞬間だったろうね。

パットが決まるのはショットがうまいから

全英オープンは、勝ったザック・ジョンソン、またメジャー3連勝が懸かったジョーダン・スピースは、最終日にミスもあったけど、世界レベルのパットのうまさが目立った試合でした。ただ、パットがうまかったという前に、自分の好きなパットのラインに乗せられる、ショットのよさが手助けしてるんですよ。

全米や全英の難易度の高いコースは、ゴルフの技術はもちろんのこと、コース戦略にも磨きをかけないと、メジャーの舞台での活躍は難しいってことですな。6月と7月のメジャー大会をテレビで見て、「俺の夢はメジャーチャンピオンだ」、そう高言する日本の若者たちが多く出てほしいのが正直な気持ちですよ。

さあ夏の後半からは、自分自身のゴルフシーズン。体に無理しないプレーを心掛けないといけません。でも、いざゲームになると気が入りすぎましてね。だからゴルフは楽しいんですけど。

週刊東洋経済 8月29日号

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?