「嫌われる人の話し方」よくある10の共通点

恋愛、職場、プライベート、あなたは大丈夫?

まず「嫌われる人の話し方」でよくあるのは、「相手の話を否定する」あるいは「悪口ばかり言う」ことです。

意外に多い「相手の話を否定する」人たち

◆嫌われる人の話し方1:会話の冒頭に、「でも」「いや」を付けるのがクセになっている

残念ながら「相手の話に対して『否定から入る』人」は結構いますよね。
相手の言うことを特に否定するつもりはなくても、会話の冒頭に必ず「でも」「いや」を付けてしまう人。「でも、私は○○だから」「いや、そうとも限らないと思うよ」みたいな感じで。1回、2回は気にならなくても、ずっと相手が「でも」「いや」から話し始めると、相手は「小さな否定」を繰り返されている気がして、だんだん不愉快な気分になってしまいます。

これはクセになっている人も多いので、自分で気をつけて直す努力をしたほうがいいと思います。仕事ができて、頭のいい女性にわりと多いパターンかもしれません。

嫌われる人の話し方2他人の悪口を言う

他人のことを悪く言うことは、たとえそれが正当な批判であっても好ましくないと思います。他人の悪口ばかり言う人と一緒にいると、少しはよくても、だんだん疲れてきませんか?

それに、目の前の人が悪口を言っていると、自分の悪口は言っていなくても、「この人はほかの場所では、自分の悪口も言っているのではないかな?」と不信感を持ってしまいます。

いろいろ仕事上のストレスなどもあるでしょうが、あえて人の批判ばかりする必要はありません。もっと楽しく、明るい話題を心がけましょう。職場での飲み会でも、上司や部下、同僚の悪口ばかり話す人がいますが、「類は友を呼ぶ」で、悪口ばかり話す人には、悪口ばかり話す人が集まってきますので、注意が必要です。

嫌われる人の話し方3自分の話ばかりする、人の話を聞くことができない

自分の話ばかりする人っていますよね。はたから見たら2人で話が弾んでいるように見えるかもしれないけど、相手は内心ちょっぴりウンザリ……。「自分の話ばっかりして、私に興味がないのかな?」と思ってしまうものです。特に男性の中には、「自分をアピールして興味をひきたい」と思うあまり、ついつい「自分語り」に陥る人が少なくありません。でも、それは残念ながら逆効果。自分の話ばかりでは、相手との距離は全然縮まりません。

それよりも「相手の話を熱心に聞く」ほうが断然いいです! 女性は自分の話に共感してくれて、「うん、うん」と肯定してくれる包容力のある相手にこそ、好感を持つものです。

次ページ嫌われる「しぐさ」にも要注意
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 30歳とお金のリアル
  • はじまりの食卓
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
DMMの変身<br>異色IT企業を大解剖

アダルトビデオで出発し、雑多な事業への参入で膨張してきたDMM.comグループ。事業領域はネット系を飛び出し、約40に広がる。脱アダルトを進め組織体制も変革。それでも「上場は考えない」(亀山会長)。謎多き会社の実態に迫った。