「嫌われる人の話し方」よくある10の共通点

恋愛、職場、プライベート、あなたは大丈夫?

まず「嫌われる人の話し方」でよくあるのは、「相手の話を否定する」あるいは「悪口ばかり言う」ことです。

意外に多い「相手の話を否定する」人たち

◆嫌われる人の話し方1:会話の冒頭に、「でも」「いや」を付けるのがクセになっている

残念ながら「相手の話に対して『否定から入る』人」は結構いますよね。
相手の言うことを特に否定するつもりはなくても、会話の冒頭に必ず「でも」「いや」を付けてしまう人。「でも、私は○○だから」「いや、そうとも限らないと思うよ」みたいな感じで。1回、2回は気にならなくても、ずっと相手が「でも」「いや」から話し始めると、相手は「小さな否定」を繰り返されている気がして、だんだん不愉快な気分になってしまいます。

これはクセになっている人も多いので、自分で気をつけて直す努力をしたほうがいいと思います。仕事ができて、頭のいい女性にわりと多いパターンかもしれません。

嫌われる人の話し方2他人の悪口を言う

他人のことを悪く言うことは、たとえそれが正当な批判であっても好ましくないと思います。他人の悪口ばかり言う人と一緒にいると、少しはよくても、だんだん疲れてきませんか?

それに、目の前の人が悪口を言っていると、自分の悪口は言っていなくても、「この人はほかの場所では、自分の悪口も言っているのではないかな?」と不信感を持ってしまいます。

いろいろ仕事上のストレスなどもあるでしょうが、あえて人の批判ばかりする必要はありません。もっと楽しく、明るい話題を心がけましょう。職場での飲み会でも、上司や部下、同僚の悪口ばかり話す人がいますが、「類は友を呼ぶ」で、悪口ばかり話す人には、悪口ばかり話す人が集まってきますので、注意が必要です。

嫌われる人の話し方3自分の話ばかりする、人の話を聞くことができない

自分の話ばかりする人っていますよね。はたから見たら2人で話が弾んでいるように見えるかもしれないけど、相手は内心ちょっぴりウンザリ……。「自分の話ばっかりして、私に興味がないのかな?」と思ってしまうものです。特に男性の中には、「自分をアピールして興味をひきたい」と思うあまり、ついつい「自分語り」に陥る人が少なくありません。でも、それは残念ながら逆効果。自分の話ばかりでは、相手との距離は全然縮まりません。

それよりも「相手の話を熱心に聞く」ほうが断然いいです! 女性は自分の話に共感してくれて、「うん、うん」と肯定してくれる包容力のある相手にこそ、好感を持つものです。

次ページ嫌われる「しぐさ」にも要注意
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT