斬新スマホ「NuAns NEO」は何が新しいのか

6人で作ったWindowsPhoneの誕生秘話

繰り返しになるが、中国には星の数ほどのEMS企業があり、スマートフォンをメニューとして持っている会社も少なくない。そうした中で、適切なパートナーを探し出すのは、針山から特定の一本を探し出すようなものだ。

しかし、マイクロソフトはWindows 10 Mobileを盛り上げていくため、中国の優秀なEMS企業を探し、パートナーシップを結んで、NuAns NEOプロジェクトのようなスマートフォンプロジェクトとエンゲージメントする「CTE(China Technology Ecosystem)」というプロジェクトを進めていた。CTEを活用し、マイクロソフトと連携しながらパートナー候補を絞り込むことができた。

我々のパートナーに対する条件はシンプルだが、実は見つけることが難しい。

条件は完全にオリジナル設計のWindows 10 Mobileデバイスを、共に開発してくれるパートナーであること。しかし、どのEMS企業も一度デザインしたシャシーデザインを、たくさんのパートナーで使い回したい。あらかじめリファレンスデザインで設計しておき、それを色違いで買ってもらえるのが、一番手間がかからず確実に利益を挙げられるからだ。

パートナー企業も「野望」を持っている

CTEを通じて交渉したパートナー候補のEMS企業は10社にのぼる。”他製品には似ていない新しいデバイスを作ること”に興味を示す会社もいくつかあったが、具体的なプランを詰めて話し始めると腰が引けてしまう。最終的に我々が、”2016年のトレンドを見すえて考える仕様要件”を満たした設計をゼロからやってくれるEMS企業を絞り込んでいくと1社しか残らなかった。

彼らを口説くことができたのは、我々の熱意と決心があったからだとも思うが、実はパートナーとなったEMS企業にも野望があった。彼ら自身の目的を達成するために、パートナーシップを成立させた方がいいと考えたのだろう。

パートナーとなったのは、技術力も歴史もある大手EMS企業である。STB生産で大きく成長し、多くのクライアントも抱えていたが、既存の事業が大きかったがゆえにスマホの設計・生産への移行に出遅れた。Androidスマートフォンを作れる企業は多い。単に技術力と資本力がしっかりした実績ある企業というだけでは事業を拡大できなかった。

そこで彼らは、マイクロソフトおよびクァルコムとパートナーシップを結んでWindows Phoneを得意とするEMS企業として経験を積むことにしたのだ。そして、さらにライバルに対して巻き返していくために、差異化された製品を開発した事例を作ろうとした。そうした目論見と、我々のユニークな製品プランがマッチしたことで、単なる外注先ではなく、同じ目標を持つパートナーとして意識してもらうことができた。

このようなパートナーとの関係構築は、NuAns NEOを特徴付けている外装の仕上げなどにも大きくかかわっている。

次回はコンセプト作りと、パートナー作りの詳細について、掘り下げて行くことにしたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT