米大統領選、若者たちの心をつかむのは誰か

サンダース人気の一方でトランプも浮上

妊娠中絶に関しても同様で、6割が妊娠中絶は公民権として合法化されるべきと考えています。こうした考え方もミレニアルズのリベラル傾向を裏付けています。

今年6月、われわれがニューヨークのミレニアルズにインタビューして回った際、しばしば上がってきた大統領候補の名前が民主党のバーニー・サンダースでした。

その時点ではマスメディアはほとんどノーマーク。若者に支持されているのですが、1941年生まれの白髪の74歳です。ニューヨーク、ブルックリン出身。バーモント州選出で無所属としては史上最長の、上下院あわせて24年間という長い任期を務めてきました。

では彼のいったいどこが若者にアピールしているのでしょうか?

自ら「社会民主主義者」を名乗る彼は、民主党の中でもかなり左寄り、アウトサイダー的な存在です。行き過ぎた減税をはじめ自由市場主義がもたらした格差の異常な拡大や、国内産業の衰退を強く批判しています。また無所属出身ということでどの権益ともつるまないクリーンなイメージも若者の支持を得ているのです。

浮上する、共和党候補ベン・カーソン

一方、共和党候補で2位につけているベン・カーソンは元神経外科医で現在64歳。この人もあまり政治家らしくないところをあえて打ち出して、保守派ミレニアルズにアピールしています。また保守派なのに課税の見直しによる格差是正を打ち出すなど、共和党の中でも「リベラル寄り」の立ち位置をキープして若い有権者の支持を得ています。

実はこの「リベラル寄り」というのが重要な鍵です。ミレニアルズはたとえ共和党支持であっても「自分は保守」という人は実は半数しかいません。共和党を支持しているけれど、考え方は「リベラル寄り」。例えば従来ならありえない「同性婚OK」という共和党ミレニアルズも増えているのです。

では果たして誰が大統領に選ばれるのでしょうか? リベラルだから民主党でしょうか?いえいえ、そう簡単にはつかめないのがミレニアルズの面白いところです。

次ページ無党派層はどう動く?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT