海外ドラマ「スターゲイト」の痛快すぎる魅力

謎の遺跡をめぐるSF長編はここがスゴい

『スターゲイト』
『スターゲイト』(1994年/アメリカ/130分)

1928年、エジプトのギザ高原で巨大な金属製の環(リング)が発掘される。そして現在。銃の事故で息子を失い、傷心の日々を過ごしていた元空軍大佐ジャック・オニールと、若き言語学者ダニエル・ジャクソン博士が、コロラド州クリーク・マウンテンの軍事基地に呼ばれる。そこには謎の環が軍によって、秘密裏に運び込まれていた。ダニエル博士の文字(記号)解明により、ついにスターゲイト=未知の世界への扉が開かれ、オニール大佐率いるプロジェクト・チームがゲイトに足を踏み入れる……。「SG-1」214話を鑑賞後、改めて本作を見ると、なぜか目頭が熱くなる。

『スターゲイト・コンティニュアム・ザ・ムービー』
『スターゲイト・コンティニュアム・ザ・ムービー』(2008年/アメリカ・カナダ/99分)

TVドラマ版スタゲから誕生した劇場版ムービー。地球防衛特殊部隊SG-1と、宇宙侵略者ゴアウルド最後の生き残りにして、最大の難敵であるバールとの最終決戦が、パラレル・ワールドを舞台に激しく展開する大作だ。ここではスタゲ最後期の主役の一人となったキャメロン・ミッチェル中佐や、同じく新顔で女盗賊のヴァ-ラ(かなり濃いキャラなので好き嫌いが分かれる)が重要な役どころで登場。本作はTV版を最低シーズン8まで見てから見るのが正しい観賞の仕方だが、独立完結SF大作としても十分楽しめる。タイム・マシン/パラレル・ワールド物にハズレなし?

『スターゲイト・真実のアーク』
『スターゲイト・真実のアーク』(2008年/アメリカ・カナダ/102分)

シーズン11がアナウンスされながら、ついに打ち切りが決まったスタゲの、TVシリーズでは語りきれなかった完結編オリジナル・ビデオ。シーズン10の戦いで新たな脅威オーライを滅亡させたSG-1だったが、その邪悪な意思を受け継いだプライア(宣教師)たちと、高みに昇ったアドリアは、引き続き銀河支配を企てていた。宇宙を救う唯一の鍵は、オーライ信仰を消し去る力を持つ古代の兵器“真実のアーク”。アーク探索を開始したSG-1の前に更なる難敵レプリケイター(機械生命体)が立ちふさがる! RDAが出演していないのが唯一さびしい……。

次ページ熱狂的ファンを生み出した、大人気TVシリーズ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。