思わずハマる!海外ドラマが持つ独特の魅力

あの「タイム・トンネル」を知っていますか

海外でヒットしている連続ドラマには、SF系作品も少なくありません(イラスト:ツネオMP / PIXTA)
モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』(ワールドフォトプレス社)と東洋経済オンラインのコラボ企画。「たかみひろしのシネマ・ショウ」をお届けしよう。
音楽・映像プロデューサーのたかみひろし氏が、毎回の特集するテーマに沿って必見のDVD/ブルーレイ作品を講評とともに紹介する企画。今回は海外連続TVドラマ特集だ。

過去の連載一覧はこちら

米国でDVDが発売されてから、かなり待たされた「タイム・トンネル」の日本でのDVD化は、2014年の1月と3月。2BOXとして初めて発売となった。コピー風に紹介すると、「1967年からNHKで放送され、日本中の少年を虜にした傑作タイム・トラベル・ドラマが、当時の吹替版でついにDVD復活!」となる。本作は見だすと徹夜間違いなしの面白さだ。僕はずっとLD-BOXを大切に所有していて、今でもたまに観ることがある。

モノ・マガジン12月16日号(12月2日発売)。特集は「ハイレゾも、アナログも!美音絶対主義」「洋酒のとりこ」「ごちそうと健康食」「2015年冬の買い物術」などです。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

数限りなくある海外TVドラマの中で、ぼくにとって不動のナンバーワンは、(本欄担当のモノマガ男もハマった!)「プリズナーNo6」だ。続いて「スタトレ」と「タイム・トンネル」。さらに「宇宙家族ロビンソン」(SFコメディー⁉)、「原子力潜水艦シービュー号」、「事件記者コルチャック」、「ミステリー・ゾーン(トワイライト・ゾーン)」、「アウターリミッツ」といったSF古典ドラマも外せないところ。近年作ではなんといっても、ギネスブックにも世界最長SFドラマとして記載された「スターゲイト SG-1」が断トツで、「LEXX」「ファースケープ」~「バトルスター・ギャラクティカ」あたりも、かなり好みの作品だ。

名を挙げだすとそれだけで本欄が埋まってしまいそうだから、今回はSF系TVドラマだけにしておく。僕はこれらの作品のほとんどを、リアルタイムで見てきた熱烈なる海外TVドラマ・ファンでもあるのだ。そして“新世紀アメリカン・ドラマ”と称された現在の話題作も、可能な限りは見ている。今回はDVD/ブルーレイ化されている最新TVドラマの中からも厳選してみた。

次ページ1本目は“歴史青春ドラマ”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。