考えるだけでモノを動かせる時代へ!

ミチオ・カク氏が語る未来世界(後編)

理論物理学者のミチオ・カク氏(写真:NHK)

NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」(NHK総合。5回シリーズ。第1回は1月3日〈土〉午後7時30分~8時43分放送)。人工知能が人間の知能を上回るとされる2045年の生活について、前回に引き続き、番組に出演する理論物理学者のミチオ・カク氏の話をお届けする。そこからは劇的に一変する未来の生活とともに、“ネクストワールド”で必要なテクノロジーへの向き合い方が見えてきた。

※第1話:2045年はスゴイことになっている!

※第2話:寿命が100歳!?理論物理学者が語る未来

コンピュータと人間が同化、考えるだけで物が動かせる!

従来の概念でいうコンピュータとは、文書を作成したり、人とコミュニケーションを取ったりと、受け身の道具でした。しかし今は、コンピュータと同化する時代が到来しています。私たちの能力を強化するために、コンピュータと同化するのです。

たとえば、脳をコンピュータにつなぐことで、その人の能力を強化することができるのです。テレパシー(読心術)や念力、記憶を記録したり、記憶をアップロードしたりすることもできるようになるでしょう。それに、考えるだけで物を動かすこともできるようになります。部屋に入って考えるだけで明かりをつけたり、テレビをつけたり、ネットに接続したり、映画のチケットや旅行を手配できるようになるのです。

それは、脳が何千ものコンピュータチップを操作できるようになったときに可能になることです。

次ページ超人並の能力が手に入るかも?!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。