35歳を過ぎたら「内臓に運動」させろ!

"食べてダイエット"はこんなに合理的

「食べてダイエット」の意味は理解していただけたと思う。

ダイエット中は食べることに罪悪感を持ってしまう傾向があるが、食事量を減らすことは、男性のダイエットには向かないばかりか、生活に様々な支障をきたしてしまうことになる。

食事を減らすと体はまず「基礎代謝」を落としてしまうし、飢餓に備えて栄養素を必要以上に取り込もうとしてしまう。さらにはエネルギーを蓄えるために脂肪ではなく筋肉を燃やしはじめるためますます基礎代謝が下がり、食事を減らしても痩せないというサイクルに陥ってしまうのだ。

そして、食事を減らせば頭が働かなくなる。仕事のパフォーマンスが下がり、あなたの評価も下がる。間違ったダイエットはあなたの社会生活にも影響を及ぼすということだ。

肉を食べると太るはウソ! 

さらに、「やっぱり肉を食わないと飯を食った気がしない」という男性に朗報だ。肉はダイエットの敵というイメージがあるかもしれないが、実は良質なたんぱく質をたっぷり含んだ肉は“痩せる肉”であることがわかってきた。

たんぱく質は筋肉を作る大切な栄養素。先程の解説のとおり、基礎代謝の中でエネルギーを消費する身体の器官は、内臓に続いて筋肉が22%。筋肉も常にエネルギーを消費している部位なのである。女性に比べて筋肉量の多い男性にとって、その量を保つことが基礎代謝アップのとても重要なカギとなる理由がここにある。

もちろん、カルビやバラ肉などの脂まみれの肉は避け、赤身肉や鶏肉といった高たんぱくな肉が望ましい。特に肪燃焼を促す「L-カルニチン」の豊富な赤身肉がオススメだ。そもそも日本人はたんぱく質の摂取量が少ない傾向があるので、積極的に肉を食べていきたいものである。

赤身肉をもりもり食べて筋肉量を保ち、軽い筋トレなどの無酸素運動で刺激する、これが男性にぴったりなダイエット法なのだということがお分かりになっただろう。

ただ、できることなら、副菜と肉を増やした分、夕飯の米やパン、麺などの炭水化物をほんの少しだけ減らしてみてほしい。炭水化物は「活動するためのエネルギー源」として必要なものなので、完全に抜くのではなく減らすだけ。これは、炭水化物を眠る前に摂りすぎると脂肪として蓄積されやすいためだ。著者の指導実績では体重70キロ以上の肥満傾向の男性であれば毎日の夕食を2口分ほど減らすだけで月に2キロ以上痩せたケースが多い。あなたも試してみる価値はあるだろう。

最後に、食べる食品に続いて、最適な“食べる順番”を伝授したい。

次ページこれがダイエット的に正しい「食べ順」だ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT