EU復活のためには前向きな夢が必要だ

EUに必要なのは第2のシューマンとモネ

地中海東部の天然ガス田は、最大122兆立方フィート(世界全体の1年間の供給量に相当)を埋蔵していると推定される。さらに、エーゲ海とイオニア海のギリシャ沿岸沖には、ガス田と大規模な油田が横たわっている。イスラエルとキプロスは共同の石油探査を計画し、イスラエルとギリシャはパイプラインについて協議し、トルコとレバノンは探査を行い、エジプトは探査に対する認可を与えることを計画している。

ただ、これらの国々は海事の紛争や政治的な意見不一致を抱えている。トルコは、同国だけが承認している北キプロスと協力し、イスラエルがギリシャ系のキプロス共和国政府と協力して掘削することに対して、威嚇的な発言を繰り返している。ギリシャ系のキプロス人は、トルコとのいかなる折衝においてもEUの加盟問題を人質にしている。トルコは、キプロスの船舶を自国に入港させないし、イスラエルとは協議が行える関係にない。またレバノンとイスラエルには外交関係がない。

要するに、責任あるエネルギー開発を行えば、この地域のすべての国々に流れ込むはずの富、雇用、発展が、各国のかたくなな姿勢によって、閉ざされているのだ。

第2次世界大戦後の歴史から学べること

地中海エネルギー共同体というビジョンは、空想にとどまることを運命づけられているようにも思える。だが、7月には、第2次世界大戦終結からわずか6年でフランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの間に欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)を設立させたパリ条約の批准60周年を迎える。それ以前の70年間において、ドイツとフランスは三つの壊滅的な戦争で互いに戦い、多くの命を奪った。

次ページ第二のシューマンとモネが必要
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。