サイバー危機の発生は決して夢物語ではない

なぜ金融の専門家は予想できないのか

 

2008年に金融危機が襲った際、多くの評論家たちは、「なぜ市場や規制当局、金融の専門家はそれが予想できなかったのか」と問うた。今日、サイバー攻撃に対する世界経済の脆弱さについて同じ質問が出るかもしれない。 

現代の経済が大規模なコンピュータシステムに依存していることはどんなに強調しても十分でない。サイバー攻撃による最大の脅威は、極めて洗練されたコンピュータウイルスを開発する能力を持つ「ならず者国家」によるものだが、無政府主義のハッカーやテロリスト、さらには自然災害によるコンピュータの故障もリスクとなる。

専門家たちは長い間、電力供給網が最大の弱点であるとしてきた。現代の経済は電力がなければ崩壊するからだ。この見方に懐疑的な人々は、低コストの妥当な予防的措置を取れば、大規模なサイバーメルトダウンはありえず、終末論者は最悪のシナリオを誇張していると論じる。彼らは、07年の映画『ダイハード4』にあったように、サイバーテロリストや脅迫者たちが世界経済を崖っぷちまで追い詰める力を持つことはまったくのフィクションだと言う。

どの意見が正しいかを判断するのは難しい。しかしながら、政治経済学的な観点において、サイバースペースの規制と金融の規制は驚くほどに類似している。 

次ページ金融危機から学べる教訓
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT