第2の脳、腸を鍛えるなら「日和見菌」を育てよ

外見・内面とも覇気がない人は腸に問題アリ

●食物繊維入り食品
・温野菜系
ネバネバサラダ、温野菜サラダ、具だくさんのスープや味噌汁(ミネストローネ、豚汁など)がオススメ。食物繊維摂取に関しては、生のフレッシュサラダよりも温野菜の方が効率よく摂れるでしょう。
・シリアル・大豆類
シリアルバー、ソイバー、シリアル入りスイーツ(アサイーボウルなど)、納豆、大豆スナックなどがオススメです。
・おむすび系
一見、腸内環境を整えることと関係なさそうですが、玄米おむすび、雑穀・昆布入りおむすびなどを選べば、「腸活」につなげられるでしょう。
・その他
トロロ入り蕎麦(うどん)、麦とろご飯セットなど。飲み会のシメには、ラーメンではなく、ぜひこれらを選んでみましょう。

 

腸内環境がスッキリすると、頭もスッキリ、背筋もシャンと伸び、やる気がみなぎってくるはずです。多忙を極める年末も、難なく乗り切れることでしょう!

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT