中国首相がゾンビ企業根絶を表明したワケ

供給過剰問題を2年間で解決する方針

 12月4日、中国の李克強首相(写真)は、一部産業での供給過剰問題を2年間で解決する方針を明らかにし、長年赤字が続いているいわゆる「ゾンビ企業」の根絶に乗り出すと述べた。北京で3月撮影(2015年 ロイター/Feng Li)

[北京 4日 ロイター] - 中国の李克強首相は、一部産業での供給過剰問題を2年間で解決する方針を明らかにし、長年赤字が続いているいわゆる「ゾンビ企業」の根絶に乗り出すと述べた。

中央政府のウェブサイトに発言が掲載された。

また調査ベースの失業率は過去3カ月、緩やかな低下傾向にあると指摘した。詳細については触れていない。

中国は過去3年、新たな経済のけん引役を育成する一方で、従来の成長エンジンの刷新を進めてきたと述べた。従来のけん引役を押しのければ、失業により社会問題を引き起こす可能性があるためとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。