中国首相がゾンビ企業根絶を表明したワケ

供給過剰問題を2年間で解決する方針

 12月4日、中国の李克強首相(写真)は、一部産業での供給過剰問題を2年間で解決する方針を明らかにし、長年赤字が続いているいわゆる「ゾンビ企業」の根絶に乗り出すと述べた。北京で3月撮影(2015年 ロイター/Feng Li)

[北京 4日 ロイター] - 中国の李克強首相は、一部産業での供給過剰問題を2年間で解決する方針を明らかにし、長年赤字が続いているいわゆる「ゾンビ企業」の根絶に乗り出すと述べた。

中央政府のウェブサイトに発言が掲載された。

また調査ベースの失業率は過去3カ月、緩やかな低下傾向にあると指摘した。詳細については触れていない。

中国は過去3年、新たな経済のけん引役を育成する一方で、従来の成長エンジンの刷新を進めてきたと述べた。従来のけん引役を押しのければ、失業により社会問題を引き起こす可能性があるためとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。