マグロは生よりも冷凍のほうがおいしい?

生には高級なイメージがあるけれど・・・

冷凍と生では、どちらのほうがいいのか?(写真:chikaphotograph / PIXTA)

家庭でマグロの刺身を食べようと思ったとき、スーパーで冷凍のものと生のものが売られていたら、どちらを選びますか? 冷凍の方は値ごろな印象で、生マグロの方が高級なイメージがありますよね。しかし家庭でマグロを食べる場合、実は冷凍のマグロのほうがいいという見解があります。もしこれが本当なら、安く売られているもののほうがおいしいという話になってしまいます。その理由を検証していきましょう。

マグロの「うまみ」のメカニズム

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

まず、マグロの「うまみ」について改めて理解しておきましょう。マグロのうまみの元になる成分は「ATP(アデノシン三リン酸)」と呼ばれる物質です。このATPはマグロの死後、熟成が進むとともに「イノシン酸(=うまみ成分)」という物質に変わり、うまみを生み出していくのです。

それでは、ATPについておさらいしたところで、生マグロではなく冷凍マグロを買ったほうがいいと思われる理由をご説明します。

次ページなぜ冷凍のほうがいいのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT