マグロは生よりも冷凍のほうがおいしい?

生には高級なイメージがあるけれど・・・

冷凍と生では、どちらのほうがいいのか?(写真:chikaphotograph / PIXTA)

家庭でマグロの刺身を食べようと思ったとき、スーパーで冷凍のものと生のものが売られていたら、どちらを選びますか? 冷凍の方は値ごろな印象で、生マグロの方が高級なイメージがありますよね。しかし家庭でマグロを食べる場合、実は冷凍のマグロのほうがいいという見解があります。もしこれが本当なら、安く売られているもののほうがおいしいという話になってしまいます。その理由を検証していきましょう。

マグロの「うまみ」のメカニズム

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

まず、マグロの「うまみ」について改めて理解しておきましょう。マグロのうまみの元になる成分は「ATP(アデノシン三リン酸)」と呼ばれる物質です。このATPはマグロの死後、熟成が進むとともに「イノシン酸(=うまみ成分)」という物質に変わり、うまみを生み出していくのです。

それでは、ATPについておさらいしたところで、生マグロではなく冷凍マグロを買ったほうがいいと思われる理由をご説明します。

次ページなぜ冷凍のほうがいいのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。