4代目プリウス、4年に渡る汗と涙の開発秘話

「いい走り」で海外からの評価を得られるか

ただし、TNGAの真価が問われるのはこれからだ。今後のプリウス級の車種は、プラットホームなどの基本構造が出来上がったTNGAを使いこなしていく必要がある。

「新型プリウスでは目一杯背伸びをしていいものを作った。次の車でこれを越えるのは大変だろうが、それはまた悩めばいい」(豊島)。

設計から調達、工場でのモノ作りまで、さまざまな改革を伴うTNGAはこの先、幅広い車種に展開していく。トップバッターとなるプリウスの成否はトヨタの将来を左右する。

退屈な走りを払拭できたのか

燃費性能と同じか、ある意味でそれ以上に開発チームがこだわったのが走りだ。

「プリウスは燃費はいいが走って楽しくないと評価されている」(豊島)。実際、燃費を優先し、走りは犠牲にしてきた。

低重心化やボディ剛性アップ、HVシステムのチューニングなどで走りは確実に進化

だが、もはやそれでは通用しなくなっている。日本に並ぶプリウスの主力市場の米国では、原油価格低下によるガソリン安によって消費者は燃費を重視しなくなっている。環境意識の高いカリフォルニア州でエコカーといえば、今や電気自動車のテスラになっている。

高速走行が多い欧州では、元々プリウスのHVシステムの特性が生かせないこともあり、主流となっていない。海外市場を見渡せば、走りも磨き上げないと勝負できないのが現実だ。

次ページ試乗会で感じたこと
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT