4代目プリウス、4年に渡る汗と涙の開発秘話 「いい走り」で海外からの評価を得られるか

拡大
縮小
4代目プリウスの開発メンバー。左から3人目が豊島チーフエンジニア。右から2人目が製品企画本部の山田主任

2011年10月、トヨタ自動車で電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(HV)の企画開発に従事していた豊島浩二は、トイレに向かう途中、製品開発本部副本部長(当時)の吉田守孝(現専務役員)に呼び止められた。

「今、豊島は何をやっていたんだっけ」と切り出した吉田は「垂直立ち上げの準備をしておけ」と意味深な言葉を残して去っていった。数日後、豊島はプリウスの次期モデルのチーフエンジニアを拝命することになった。

「三重苦」のプレッシャーがのしかかる

次期プリウスについて、他人事のように「大変そうだな」と思っていた豊島。その日から

①トヨタの看板車種となったプリウスのフルモデルチェンジ

②TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第一弾

③豊田章男社長が打ち出した「もっといいクルマ作り」の最初の車

という三つのプレッシャー、「三重苦」と戦うことになる。

まず、プリウスの名を継ぐ車として重視したのは看板である燃費性能だ。開発チームは40キロを「大台」と呼び、当初から目標として掲げてきた。

12月9日に日本で発売される新型プリウスは、一部グレードながら燃費性能で1リットル当たり40キロ(JC08モードという日本の試験方法でガソリン1リットルで走れる距離)を達成した。

これは現行プリウスの32.6キロを2割以上上回るだけでなく、トヨタの小型ハイブリッド「アクア」、スズキの軽「アルト」の37.0キロも抜き去る国内トップの数値となる。

次ページ燃費向上のための工夫したこと
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT