4代目プリウス、4年に渡る汗と涙の開発秘話

「いい走り」で海外からの評価を得られるか

豊田章男社長は就任以来、「もっといい車づくり」を最重要課題として掲げてきた。「いい車」の定義はあえて明確にされていないが、乗用車なら「走り」がその重要要素であることは間違いない。

トヨタが変わったというイメージを確立するにはプリウスを走れる車にする必要がある。「もっといい車づくり」とTNGAは表裏一体だ。TNGAはより魅力ある車を作るための手段である。

TNGA対応の新プラットホームによって新型プリウスの全高は現行より20ミリ低くなった。新しい溶接技術などの採用でボディのねじり剛性は60%強化された。これらはいずれも走りの良さに直結する要素だ。

モーターとエンジンの制御は、燃費向上の工夫を凝らしたと前述した。だが、燃費だけを追求したわけではない。気持ちよい加速感が得られるような、走りと燃費の二兎を追った調整を追求したという。

結果、「新型の走りは格段に良くなった」とトヨタ社内だけでなく、モータージャーナリストやディーラー社長など外部からの評価も上々だ。

キビキビ走り、静かさも段違い

その違いは素人にも歴然としていた。11月の中旬、新型「プリウス」を試乗する機会を得た。経済誌の自動車担当といってもドライバーとしては素人同然だが、その記者でも新型プリウスの走りの良さははっきりと体感できる。

上の現行プリウスは、燃費重視で走りを犠牲にした感が否めない。新型と比較するとその差は歴然だ

特に、新型と現行を乗り比べると、キビキビと気持ちよく走る新型に対し、現行は「かったるい」。車内の静かさのレベルが違う。低速時はモーター走行となるため現行でも相当静かだが、新型は静かすぎて微かに聞こえる音(おそらくインバーターの音)がむしろ気になったほどだ。

現行プリウスのユーザーもある豊島が「不満を払拭しただけではなく、感動のレベルに高めた」と自信を示す新型プリウス。日本は元より、海外でどういった評価を受けるのだろうか。
 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT