シェア争いにはまったく興味がない--首藤由憲・キリンビバレッジ社長

──消費者目線はどのメーカーも重要視しているのでは。

残念なことに競合の動向ばかりを追い、完全なお客様目線に立って開発ができていなかった時期があった。売れない商品がたくさんある、というのがお客様の答えであり、その現実をきちんと受け止められる会社になる必要がある。われわれは、自分たちがやっていることを無意識に正当化しようとする傾向がある。だが、評価をするのはおカネを出すお客様だけであり、お客様が一流の評価者だと気づかなければならない。

──激しいシェア争いをしていたライバルのアサヒ飲料がカルピスを買収し、国内3位に浮上します。

負け惜しみではなく、本当に国内のシェア争いには興味はない。カルピスというブランド価値は大きいし、それを手に入れたアサヒ飲料は幸運だとは思う。ただ、商品が支持された結果として3位になるのと、3位になるために買収などをして対抗するのは、根本的に違う。われわれはあくまでお客様目線で経営していきたい。

しゅとう・よしのり
1952年生まれ、59歳。76年同志社大学商学部卒業後、キリンビールに入社。飲料を中心としたマーケティング畑が長い。2009年からキリンビバレッジのマーケティング本部長、11年代表取締役副社長、12年3月より現職。


キリンホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示]

(聞き手:張 子渓 撮影:風間仁一郎 =週刊東洋経済2012年6月2日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。