その投資、「株主優待」にだまされてませんか? アイドル「握手券」と共通する意外な心理

印刷
A
A

株主優待でさまざまな商品がもらえるのは、まさにアイドルのCDを購入することによって付随的についてくる握手券に似た特典と言っていいのではないでしょうか。

これ自体は、別に決して悪いことではありません。アイドルというのは音楽性だけではなく、その容姿や振る舞いも大きな魅力になっているわけであり、ファンとしては全人格的に応援したいからこそ、たくさんCDを買っていっぱい握手したいと思うのは当然です。

株式投資においても、値上がり益や配当だけではなく、その企業を長期にわたって応援し、かつその製品を愛用してあげようという株主にとっては、株主優待というのはいわば会社と自分とをつなぐ、ある種の絆のようなものと感じることだってあるでしょう。この場合、アイドルのファンも株主も、「応援団」という位置づけになります。

え! 株主優待で損する…?

ただ、アイドルグループを応援するのと株式投資をするのは、まったく意味が違います。株式に投資をするというのは、あくまでも企業価値を買うということが主体です。

優待だけに魅力を感じて、その会社の財務内容や成長力、利益水準などはいっさい考慮しないで買ってしまうと、株価の下落によって思わぬ大きな損を被るということにもなりかねません。いくら優待の商品をもらって喜んでいても、肝心の株価が下落したり配当金が減ったりしたのでは、何にもなりません。

もちろん、株主優待でもらう商品や優待券の価値を金銭に換算すると、トータルに考えた投資利回りが高くなるという場合もあります。ただ、それはあくまでもその会社の商品やサービスを利用した場合に限っての話ですから、別途支出が必要な場合があります。やはり、純粋に金銭として受け取る配当金とはやや意味が異なります。

株主優待は「投資の目的」ではなく、自社の株式を保有してくれる株主に対する、いわば会社からのお礼です。株主としても、優待による利得はあくまでもプラスアルファとして考えておくべきでしょう。

私も航空会社の株を保有していて、株主優待割引で搭乗していますが、これも優待だけを目的に購入したわけではありません。収益構造や今後の事業展開から考えて有望だと思ったので投資することを検討し、かつ株価が大きく下落して割安になったと判断したときに購入しています。

結果として優待券は送られてきていますが、これはあくまでも余禄です。仮に今後の業績見通しが悪化したり、利益成長性が低下するような場合には、優待があろうがなかろうが、関係なく売却することになるだろうと思います。

目に見える品物の魅力やわかりやすい利得に惑わされてしまい、気がつくと大きな損をしてしまったということにならないように、注意したいものです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT