ミャンマー総選挙は野党が議席7割強獲得か

与党のテイ・ウー党首代行、敗北を認める

 11月9日、ミャンマーで8日に実施された2011年の民政移管後初の総選挙で、アウン・サン・スー・チー党首率いる最大野党、国民民主連盟(NLD)が70%以上の議席を獲得する見通しとなっている。写真は勝利を祝うNLDの支持者ら。(2015年 ロイター/Soe Zeya Tun)

[ヤンゴン/ネピドー/ヒンタダ/ワシントン 9日 ロイター] - ミャンマーで8日に実施された2011年の民政移管後初の総選挙で、アウン・サン・スー・チー党首率いる最大野党、国民民主連盟(NLD)は、独自集計の結果、7割以上の議席を獲得する勢いだと述べた。軍系の与党、連邦団結発展党(USDP)も敗北を認めており、政権交代の可能性が出てきた。

USDPのテイ・ウー党首代行はロイターに対し「われわれは敗北した」と語った。

またNLDの広報担当者はロイターに対し、中部の人口密集地域で議席の9割以上を獲得する勢いだと述べた。

こうしたなか、米ホワイトハウスのアーネスト報道官は、今回の選挙について、ミャンマー国民の勝利であり歓迎する意向を表明する一方、民主的な手続きを注意深く見守る考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ドラの視点
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。