40歳女性は「オトナ開始」の場所に舞い戻る

恵比寿、銀座、豊洲、代々木上原を経て三茶へ

40歳になった綾が住む街とは?
秋田の国立大学を出たのち、三軒茶屋、恵比寿、銀座に引っ越した綾。34歳のとき、外資系に転職した綾は、結婚に焦り総合商社勤務の男性と結婚し豊洲へと移り住んだものの、家事と子どもに対する価値観の違いから別居し、37歳で代々木上原に移り住む。その綾の2年後、40歳のお話。

私に向ける、その"優越感"覚えていてください

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

長らく私なんかの話を読んでくださってありがとうございます。23歳のとき東京に出てきてから、17年間をこの東京で過ごしてきて、40歳になりました。これを読んでくれてる方の中には、若い女性もいますよね? あなた、私のこと、どう思ってますか?

「イタい」って見下していますか? 「あんな風には、なりたくない」と反面教師にしていますか? もしくは、自分と関係ないおばさんの話を、笑っているかもしれませんね。

その感情覚えていてください。

それは、そのまま、あなたが10年後、若い子たちから向けられる感情ですから。若い女性の、年上の女性を見るときにうっすらと感じる優越感は、いずれ世代交代していくんです。部下の女の子と話すときの笑顔の奥にある、老いへの畏怖と、蔑みの感情、私はちゃんと透けて見えています。だって、もともと私の内側にあった感情ですから。

次ページ「おひとりさま」がカッコいいのは30代まで
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。